困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産会社から売れないと言われた別荘地の結末

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、私が担当させていただいた福島県白河市の戸建について。

その戸建がこちら。

地元では有名な白河 関の里の別荘地内にある戸建。

別荘地内のため、毎年管理費と水道代がかかります、その額は合計で75,000円。

他に固定資産税も当然にかかります。


ご売却のご事情は、相続で取得した都内の女性のお客様が、使う予定がないため、手離したい、というものでした。

そして、税理士の先生のご紹介により私が売却活動を行うことに。

当初は、地元不動産会社の方にもお手伝いをいただいておりましたが、途中から「この物件は売れないから、うちのほうでは手伝うことをやめます。もう連絡してこないでください」と地元不動産会社の方に言われてしまいました。

言い換えれば、「売れない物件だから、うちはお手上げ状態」というものでした。

理由はいくつかありました。

それは、残置物の量が多く、生活できるくらいの状態だったこと、建物が老朽化しており、外壁・室内にひび割れがあったこと、建物が東北の震災の影響で傾いていたこと、建物の軒先が剥がれ落ちてしまっていたことなどです。


ただ、諦めたらそこで全ては終わり、お問い合わせはそこそこいただいていたため、横浜に会社がある私ですが、お客様の不動産のご売却のために福島県白河市までご案内を実施。

最終的には7組のお客様を現地をご見学いただき、そのうち4組のお客様より購入申込書をいただくことができました。

地元不動産会社の方が「売れない物件」と言っていたことについて、私は「絶対に売れる物件」だと確認していました。

今回の案件については、地元不動産会社の方の残念な一面を目の当たりにしてしまいましたが、それもいい経験となり、さらに「売る力」に磨きをかけることができました。

売主様もご売却ができて、買主様もご購入ができて、とても喜ばれていました。


午後からは、宅建協会の横浜6支部合同ゴルフコンペの手伝いに磯子カントリークラブへ。

ゴルフをやらない、ではなくできない私は、表彰式の準備。

裏方も楽ではありません。

でも誰かがやらないといけない裏方。


宅建協会の役員になっていると会議やイベントが多い…、みなさん、本当によく頑張っています。

ちなみに明日も宅建協会 横浜東部支部の会議です。汗