困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

やって安心!建物診断にかかる所用時間

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、建物診断について。

今日は当社が購入予定の昭和32年築の戸建の建物診断でした。

建物診断をした理由、それは隣にマンションの建築計画があるため、その工事で建物が痛まないか、それと現状で床の一部に傾斜があるため、それが全体的な傾斜なのか、局所的な傾斜なのか調べるため。

調査をお願いしたのは、実は一昨日の夜、何とか無理を聞いていただき、神奈川区にあり、歴史のあるアイジーコンサルティングさんのインスペクターの方に。


そして、実際に調査開始。

13時30分に売主様も鍵を持って現地集合をし、そこから簡単な説明。

それから、売主様と私は一時退席。

ずっと現地に待機していなくてもいいのでそこもまたGOOD。(^^)

診断終了の少し前にインスペクターの方より連絡があり、再度、現地集合。

鍵を返却いただき、所見をヒアリング。

診断結果は、床の傾斜は建物全体の傾斜ではなく、局所的な傾斜ということや雨漏りの形跡が見受けられないことなどなど当初思っていたよりも結果が良かった感じでした。


ちなみに建物診断に要した時間は、およそ3時間くらい。

当社では戸建の買取再販時には、かなりの割合で建物診断を行います。

建物の築年数が経過していると散々な検査結果のときもありますが、それも含めて商品。

あまり結果が良くなくても、常に不動産を購入される買主様からは、「診断結果はともかく安心して購入できます」と言われます。


つまり、建物診断をすることは、結果の如何を問わず、買主様に安心してご購入いただくことができるのです。

どこをリフォームすればいいのかも、一目瞭然ですからね。(^^)


まさに…やって安心、建物診断!

インスペクターのKさん、今日は長時間お疲れ様でした!

ありがとうございました!(^^)

不動産コンサルタントが売却価格と同等、それ以上に大切にする売却のポイント

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、不動産コンサルタントが売却価格と同等、それ以外に大切にする売却のポイントについて。


先月、静岡県東伊豆町の1円別荘で少しだけ話題になった当社、そして私。

やはり1円という価格になると見なくても買いたいと軽い気持ちでお問い合わせいただくお客様が増えてしまいます。

もちろん、時間をつくり、真剣に他県から現地に足を運ぶお客様もたくさんいらっしゃいます。


おかげ様で東伊豆町の1円の別荘については、購入希望者が決まり、ご契約に向けて進めています。

購入希望者の方が複数だったため、買主様を決定する際の判断材料として購入申込書にひと言、1円の別荘について記載していただきました。


その結果、今回の買主様からは「売主様のたくさんの想い出が詰まった不動産、私たち家族でリフォームをし、大切に使わせていただきます。きれいになったら、売主様も遊びに来てください。」と。


売主様にとって1円という売却価格は決して高くはありませんが、不動産を大切に使っていただけるご家族にお譲りできることで嬉しくて、言葉を失っていました。


不動産コンサルタントの私が思うこと、それは売却価格も大切ですが、大切な想い出がたくさん詰まった不動産を引き継いでいく、このことは売却価格と同等、もしくはそれ以上に重要なことだと思います。

不動産はモノですが、不動産の売買契約って、実はモノの売買ではなく、人と人との結び付き、つまりご縁なんですね。(^^)





こういったことを雑誌の取材を受けた際にお話ししたところ、12月3日発売の田舎暮らしの本に掲載いただけました!


また、今日は沖縄から始まり、朝一番で飛行機で羽田空港に。

横浜の事務所で少しだけ事務作業をして、16時から宅建協会の地区長会に参加。

時間はありませんが、議長という立場だったため、当然休めない。

地区長会の後、これから桜木町でファイナンシャルプランナーの勉強会 不動産・住宅ローンSG横浜に参加し、それから忘年会。


なかなか息つく暇はありませんが、毎日が充実しているせいか、時間がただただ過ぎていきます。(笑)

接道していない農地の売却と12月の沖縄で驚いたこと

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、接道していない農地の売却について。

昨年、相続対策で沖縄県中頭郡読谷村の貸宅地(底地)と接道していない農地の売却のご依頼を頂きました。

もともとお客様は都内の大手底地買取会社にご相談されていたのですが、その大手底地買取会社では、対応できないと言われてしまったそうです。


そのため、私の方でご対応することに。

まず、貸宅地については、当社で買取りを実施。

あとは接道していない未線引き区域の農地。

これが大変。

未線引き区域の農地は、売買の際に農地法の許可が必要となります。

この農地法の許可は、接道していないとなかなかとれない。

さらに農地法の許可をとるためには、開発条例や景観条例の協議が必要。

いろいろと売却に向けて動いた結果、隣地の方にご購入いただけることに。(^^)

文章で書くのは簡単ですが、現実は大変。汗


そのため、今日は接道していない農地売却の契約のため、早朝に横浜の自宅を出発し、沖縄県浦添市のお客様のご自宅へ。


しかも、不動産コンサルタントの私以外に土地家屋調査士の先生、行政書士の先生と一緒に。

その理由は、土地家屋調査士の先生は開発条例のための高低測量と地目変更、里道の払下げのために。

行政書士の先生は、農地法の許可申請、開発条例・景観条例の協議のために。


そして…無事に接道していない農地の売却の契約完了!(^^)


あとは農地法の許可取得に向けてみんなで動きます。


それにしても、今日、那覇空港に着いた時に衝撃を受けました。

それは、横浜は寒くてコートを着ていくか悩んだくらいなのに、那覇空港にいた方々は、みんな半袖。!(◎_◎;)

し、しかもアイス食べてる。∑(゚Д゚)


確かにそれもそのはず、今日の那覇の気温は、25℃くらいだったそう。

暖かいですね、というよりは暑い…。 スラックスにジャケットにネクタイは、私だけ…。

完全に浮いてしまっていた…。苦笑


契約を無事に終えた私の今日のお楽しみランチは…浦添市にあるてだこ。

遅い時間に着いたにもかかわらず、混んでる…、さすが地元の人気店。

食べたのはもちろん、ソーキそば、大。

白濁したスープにもちもちの麺、とろっとろのソーキが奏でるハーモニーは最高です!(^^)

みなさんもぜひ、ご賞味ください。


ランチの後は、当社で買取った貸宅地の借地人さんを訪問し、ご挨拶&世間話。

みなさん、お元気そうでなによりでした。(^^)


ホテルにチェックインし、連絡業務。

その後、お楽しみの夕食。

ただ、日曜日の那覇は、意外にも休みの居酒屋が多い…。


最終的に旭橋駅近くにあるちゅらさん亭に。

店内は、満員状態でしたが、奇跡的にそのまま、通していただけました。


オリオンビールを片手にもずく酢、海ぶどうを食べる。


泡盛にかえてからは、グルクンの唐揚げ、てびちの煮付け、島らっきょを。

まさにうちなータイム。(笑)

やはり、本場の味は違いますね。(^^)


そして、ウォーキング。

理由は、〆のステーキを食べるために少し運動。


その結果、小腹がすいた気が。

そこでステーキハウス88に行き、〆のステーキ、サイズは小さいサイズで。(笑)


〆のステーキが旨いのか、沖縄の雰囲気の中で食べることがいいのかはわかりませんでしたが、GOOD TASTE。d(^_^o)


これでお楽しみの沖縄出張も終了。

明日は朝から那覇空港を出発し、横浜に戻ります。

じ、時間が欲し~い!汗