困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

お客様の相続対策で沖縄県の底地を購入

みなさん、おはようございます。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、相続対策について。

最近では、「相続対策」という言葉を聞くことか増えました。

この「相続対策」は、よく「分割」、「納税」、「節税」と言われています。

…が、これを実行する前にやることがあります。

最初は、資産と負債の把握。

資産の中には当然、不動産も入ります。

この評価、つまりは相続税評価額と実際に売れる金額の把握が難しい。

相続税評価額より実際に売れる金額の方が安い物件は、相続不適格物件ねはため、相続発生前に売却した方がいい。

そして、私の方ではこういった対応も。

以前よりご相談いただいていたお客様、お母様が高齢のため、相続対策をしたい、と。

お客様のお母様は沖縄県に貸宅地、簡単に言うと底地を所有。

底地は、土地を使う権利を貸して、地代をもらうもの。

相続税評価額は8,000万円超、ただ地代が安かったり、誰が借地人かもわからない土地であったりで実際に売れるか、どうか…。

まさに相続不適格物件。

お客様の懸念は、売れない物件を所有していて相続税だけかかってきても困る、というもの。

そこでお客様と再三、再四協議をし、最終的に私が購入することで合意。

昨日、お客様に売買代金をお支払いし、所有権を移転。


これでお客様は、次のステップ、分割・納税・節税に移れるようになりました。(^^)


その帰り道、当社 社有の土地の下見。

日当たりがいい物件だけに…緑のカーペットに。!(◎_◎;)


もう少しで除草をせねばっ。汗