困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

相続で取得した難あり物件を売却したい!(再建築不可物件)

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、先日お取引きさせていただいた難あり物件(再建築不可物件)についてです。

東京都や神奈川県、その他人口が密集している人気エリアであれば、建て替えができない難あり物件でも比較的早い段階で、良い条件にて売却することができます。
 …が、今回のように少し首都圏より外れてしまった難あり物件は、売却までかなり時間がかかってしまうことが往々にしてあります。


 そして、こちらの物件の売却の経緯についてはこちら。


 いろんなところのいろんな難あり物件の売却をしている私の私見ですが、建物の建替えができなくても人が住まなくなって間もないうちは売却することができます。
 逆に空家になって何年も経過してしまった物件は、建物の老朽化、損傷が著しく、売却も日増しに困難になってしまいます。


 もし、使っていない不動産がある、将来は手放したい、そう考えている物件があるときは、とにかく程度がいいときに、「少しでも早く」売却することをお勧めします。


 もちろん、空家でも定期的に換気をしているやメンテナンスをしっかりしているといった場合には焦って売却する必要もないと思います。
 ただ、今後の減少とともに不動産を手放しづらくなることも予想されます。


 みなさんは持ち続けますか、不動産を?