困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

緊迫した雰囲気の中、地主さんと借地人さんの打ち合わせ

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、地主さんと借地人さんの打ち合わせについて。

今日の午後は、とある借地権付建物の売却のための打ち合わせに同席。


借地権の物件は、売買する際に地主さんの承諾が必要です。

この承諾をお願いする際には、借地人さんより地主さんに承諾料をお支払いします。

もし、この地主さんの承諾が得られないと…借地非訟事件というもので地主さんの承諾に代わる裁判所の許可を取得します。

今回は、お忙しいところ地主さんにお時間をつくっていただき、借地人さんと打ち合わせ、というよりはお願いをさせていただきました。


当初は、かなり緊迫した空気でしたが、いろいろ協議を重ねていった結果、最後の方は少し和やかなムードに。

今後はまだ確定しておりませんが、何とか良い方向に進むことを祈ります。(^^)


過去には地主さんと借地人さんがお会いするなり、いきなり口論に発展してしまったこともありました。

やはり、地主さんと借地人さんの当事者同士の話し合いはお互いが利益相反のため、なかなか話がまとまらない。

もちろん、中には昔話に花が咲き、終始穏やかな話し合いになることだってあります。


借地権は、とても長い契約期間、お付き合いのため、借地人さんは地主さんのことを、地主さんは借地人さんのことをお互いを思いやるという気持ちが大切なんですね。(^^)