困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

状況説明の大切さ

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、状況説明の大切さについて。

朝から戸建のご契約、本当は打ち合わせだけの予定でしたが、急遽ご契約の締結まで。

事前に準備をしていたため、何とか対応ができました。(^^)


その後、すぐに横浜市港北区の取引きさせていただいた土地に。

地中障害がでてきてしまったため、現場で工事業者と打ち合わせ。

私の方でもわからないことが多いため、いろいろな方に一般的な内容や助言をいただく。

周りの方々にいろいろ支えていただいていると実感。

地中障害は誰が悪いというわけではないため、良い方向にお話向かえるように協議を重ねるのみ。

そして、私はできることを一生懸命、早くやる。汗


夕方は、辻堂駅にある不動産会社の事務所を訪問。

先日、土地のお申込みをいただいたお客様の件で事情の説明のために。

ご契約日を設定する際に不測の事態が発生し、契約日の設定ができなくなってしまいました。


売主様は不動産会社で、売主様側には不動産会社がついておりました。

契約日が伸びてしまう理由については、私から売主様側の不動産会社の方に随時報告していました。

私も逆の立場になることもあるのでそうですが、売主様からしたら、契約日が伸びてしまっていることについて、今の段階で買主様とお話することが難しいので買主様側の不動産会社がである私とお会いして、詳細をお聞きしたい、と。

わかる、わかる。

そこで売主様の事務所に売主様側不動産会社の担当の方とご一緒に訪問。

全て正直にお話をさせていただきました。

お話の中には共通の知人がいたり、和やかな雰囲気の中で打ち合わせをすることができました。

おかげ様で売主様からは契約日についての猶予期間をいただくことができました。


やはり、不動産はなんだかんだ言っても、最終的には人と人。

相手方を訪問し、誠意を持ってお話をさせていただく、これが基本的で、重要なこと。


ほんとご縁ですね。

今日も良いご縁をいただくことができました。(^^)