困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

やってはいけない建物の建て方と建物の建て方

みなさん、こんばんは。 難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、やってはいけない建物の建て方について。

先日税理士の先生よりご相談いただいた神奈川県内の地主さんの案件。

今日、朝一番で現地を下見。


地主さんだけあってかなり広い土地に3つくらいの建物がある。

その土地には何やら道路らしきものもありました。

事務所に戻って調べてみるとその道路らしきものは、あくまで道路らしきものであり、建築基準法上の道路認定はされていませんでした。

その地主さんは、今後の相続に備え、売却をご検討されているのですが…建物が無秩序に3つあるため、上手いように土地の分割ができない…。


なんでこんな土地が売りづらいように建物を建ててしまうのか…。

おそらく、地主さんは素人のため、ハウスメーカーの担当者のいいようにされてしまったに違いない。

地主さんがかわいそう過ぎる。


1つの土地に複数の建物を建築するときには、今回の地主さんのような悲劇に遭わないためにも、不動産コンサルタントに一度ご相談ください。


その後は、横浜市中区のとあるところの物件の買取り査定のための下見。

現地に着いてまわりを見渡すと…ほとんどが狭小物件、かつ、再建築不可物件。

横浜市中区は再建築不可物件の宝庫です。苦笑