困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

日本全国から◯◯マイスターが集結!

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今日は、水曜日で定休日のため、少しだけゆっくり。

 午前中に事務作業をこなし、午後からは御茶ノ水でセミナーに参加。

そのセミナーは、公益財団法人 不動産流通推進センター主催の宅建マイスターメンバーズクラブのサマーセミナー!

北は青森県、南は鹿児島県など全国から宅建マイスターが自己研鑽のため、情報交換のため、集合。

 私は当初、明日の出張の影響を懸念し、参加を悩んでいましたが、本部の方からの直接のお誘いをいただき、参加を決意しました。

 みなさん、40代~50代の方が多く、30代で参加していたのは私ともう一人くらい…。

 まずは、弁護士の先生による民法改正について。

売買で大きなところは、「瑕疵担保責任」がなくなり、「契約不適合責任」になること。

賃貸では、原状回復義務の経年変化について、明文化されました。

 他にもたくさん学ぶところはありました。

 質問タイムでは、私がまず最初に先生に質問。

弁護士の先生の答えも的確、ともて勉強になりました~。


 第二部は、懇親会。

お酒を飲みながら、名刺交換をしました。

 もちろん、情報交換も。

 私が名刺交換させていただいたのは講師の先生、横浜市内の不動産会社の方、新宿区の建設会社方、岐阜県の不動産会社の方、新宿区の不動産鑑定士の先生、福島県の不動産会社の方などなど。

 私が以前、福島県の土地を取引きさせていただいた際、原発バブルでかなり市況が上向きでしたが、今の福島県の市況はかなり厳しいようでした。

 懇親会では、参加者全員、一人ひと言タイムがありました。

 全国津々浦々の不動産会社の方が市況や業務内容など笑いを含め、自己紹介。

 その際に思ったこと、横浜にいるとあまり思わなかったのですが、新潟県や九州の方が発表されていた内容に「学ぶ機会がない」ということがありました。

 横浜にいる私は横浜でも、都内でもたくさんセミナーや勉強会に参加する機会がありますが、地方の方はそもそもそういった機会がない、ということです。

 改めて置かれている環境が恵まれているから、勉強できているんだ、と実感できました。

 

 今日のセミナー・懇親会に参加して思ったことは、みんな前向きな方ばかり。

たくさんのご縁に感謝!