困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

意外と簡単にできる空室問題解決のコツ

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、空室問題を解決するコツについて。

本日、お打ち合わせさせていただいたお客様。

ご自宅のお近くにアパートをご所有されています。

そのアパートはもう何十年も地元の不動産会社の方に管理を依頼されています。

アパートで築年数も経過しているため、何かにつけてその管理会社より修繕をしてほしい、と言われているそうです。

そして、築年数の経過とともに空室になるお部屋、期間が長くなってきているそうです。

ただ、その空室の部屋の募集活動は管理会社に任せっきり。

そのため、私の方でその空室のお部屋が不動産会社専用の物件検索サイト、通称「レインズ」に掲載されているかをお客様の目の前でチェック。

その結果、お客様が募集のお願いをしているお部屋は、物件検索サイト レインズに情報が登録されていませんでした。

つまりは、不動産会社が物件を検索しても情報がでてこないということは、募集方法は管理会社の口コミだけ。

私からすると口コミだけで賃貸物件が決まるというのは、交通事故と同じ確率くらい決まりづらいと思っています。

でも、その不動産会社は痛くも痒くもありません。

痛いのは、空室で賃貸収入が入ってこないオーナーさん。

かわいそうです…。


今回のような空室問題を解決するコツ、それは管理会社を変えること。

どんな管理会社に変えるかというと、しっかりとエンドユーザー向けにも、不動産会社向けにも情報公開するところ。

一般のオーナーさんが不動産業界の内情を知ることはなかなかできないため、「最近空室が多いな」と思ったら、他の管理会社にも相談してみる、といったことがいいかもしれませんね。

もちろん、管理会社を変更するかどうかは、他の管理会社の方の意見を聞いてからでも遅くはありません。


これから、人口減少が進み、ますます住宅需要が減少してしまうなか、どうやって空室をださないようにするか、現入居者の方に居続けていただくか、これが最大のテーマになってくること間違いなしです。