困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

なんてこった、大手不動産会社のしくじり先生!?

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、物件調査能力について。

 本日、ご来店いただいたお客様、ご実家が横浜市神奈川区にあります。

そのご実家にはお父様がお住まいですが、以前、大手不動産会社経由にて売却のために動かれたそうです。

 もともとお客様より私にご相談いただいた際には「建替えができない物件を今後どうしたらいいのか?」というものでした。

 そして、今日、お客様と資料を見ながら打ち合わせをすると…もしかしたら、建て替えができるかも、と。

 なぜ、こういうお話しになったかというと大手不動産会社の担当の方が当初しきりに建て替えができない、と言っていたそうですが、私に言わせると建て替えができないというのは、大手不動産会社の担当の方の単純な物件調査ミス。

 100%建て替えができると決まったわけではありませんが、私からはお客様にどうしたら、建て替えができるようになるのか、そのためにどうすればいいのか、をご教示させていただきました。

 残念なことは、その大手不動産会社の方がすでに「建て替えができない物件」という内容で隣地の方に購入してほしいとお話ししてしまったことです。

 もし、建て替えができるような状態でお話しをお持ちできていれば、当初、持っていく金額が明らかに違った(売主様にとってメリットある金額でお持ちできた)のに…。

 

 お客様になぜ大手不動産会社の方にお願いされたのかご質問させていただいたところ、「大手だから安心してお願いしました」と。

 確かに大手はシステムはしっかりしていると思います。

 ただ、物件調査能力や物件を売る力については、個々の営業マンによって持っているポテンシャルが違います、いい意味でも、悪い意味でも。

 

 そして、会社の大小を問わず、建て替えができる、もしくは建て替えできる可能性がある物件について、無知な営業マンが「建替えできないから、売れない物件」というレッテルを貼って、売れなくしてしまっている物件があるということは非常に残念でなりません。

目には見えませんが、問題がある不動産は街中にたくさんあります。

それを解決するのが私たち、不動産コンサルタントです。

 

 私からお客様にお伝えしたこと、それは「まずは建て替えができるように頑張りましょう。万が一、建て替えができなことがあっても、売れないわけではありません。活用方法はいくらでもありますし、そういった不動産を探している方もたくさんいらっしゃいますので安心してください」と。