困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

知っておきたい田舎の不動産売却時にかかる費用

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、知っておきたい田舎の不動産を売却するときにかかる費用について。

ここのところ、世間では空家が増えることや管理状態が酷い物件の場合は、固定資産税が6倍になる、なんてことをよく耳にするようになりました。

田舎に空家を所有されている方は、使ってもいないのに毎年固定資産税や草刈り代を負担されており、その負担を子供に残したくない、と思い、売却したいとお考えになります。

最近では、特に別荘地内の雑木林の売却相談が多いです、非常に…。

ただ、田舎の不動産を売却するときには、ケースバイケースで経費がかかります。

ケースバイケースというのは、田舎の不動産がある地元不動産会社に売却を依頼すれば、特にかからないのですが、例えば横浜に会社がある当社に田舎の不動産の売却をご依頼いただくと…交通費が別途かかってしまいます。

というのも、田舎の不動産の売却はほとんどの場合、低額となってしまい、仲介手数料以上に交通費が高くなってしまうからです。

そのことを考えると、どの不動産会社に依頼するかによって売却のときにかかる費用がかわる、ということになります。

他にも広告をする際に費用がかかるときもあります。

費用といっても新聞折込をしなければ、10万円を超えることはありません。

当社では販売の際にお問い合わせいただいたお客様にお渡しするためのご紹介図面作成費用として12,000円をご請求させていただいております。

もちろん、ご紹介図面を作成しなくてもいいのですが、一般のお客様に公図や謄本、都市計画図や道路台帳など専門の書類だけをお渡ししてもいい物件なのかどうかを判断するのは難しいです。

あくまでお客様には、きれいにまとまった、物件の特徴がわかるご紹介図面をお渡しした方が成約率は格段に上がります。


こういった費用については、会社ごとに考えが異なるため、田舎の不動産の売却をご依頼をされる際には、事前に売却にかかる費用を確認しておくことが重要。

あとで思いがけない出費が、なんて事は嫌ですからね。


今日は、9時から司法書士事務所にて内容証明についての打ち合わせを実施。

約束を守っていただけない方への催促状、進んでやりたい仕事ではありませんが、

約束は、約束。

契約書に沿って、粛々と進めていくのみ。

みんなが約束をしっかり守ってくれれば、しなくてもいい業務なのに…。


そして、その後直ぐに金融機関の担当者との打ち合わせ。

当社が物件を仕入れる際には融資を受けるための詳細を協議。

私の立場をよく考えて動いていただける担当の方、安心してお任せできます。

ただ、在庫がなくなってきているのでもっと会社として買っていかなければ。

…買取り物件探しています!


お昼前には横須賀市のとある物件で土地家屋調査士の先生と打ち合わせ。

どこにでもあります、難あり物件は。

今回は、そのコンサルティングでした。汗


午後は、馬車道にある司法書士事務所を訪問し、ご紹介いただいた案件のご契約に向けての打ち合わせ。

契約が重なっているときに限って、さらに契約が重なる。

こういうことって、よくありますよね。

すでに今月で私が動ける時間がほとんどなくなってしまっている…。

出張も多く、新規の案件も増加傾向。

誰か頼りになる人が来て欲しい、そう考えながら動き回っている今日この頃。


夜はご契約時にご用意いただくものや新規申込み受付物件の対処、田舎の不動産の売買契約書の作成、明日の出張準備。

なかなかにハードでした。


明日、明後日は沖縄出張です。

仕事&グルメを満喫してきます!