困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

他社では買えない物件を買取る会社と新規案件

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、他社が買わない、いえ、買えない物件を当社が購入した案件について。

今日は、朝から横浜駅前の取引先金融機関にて仕入れの決済でした。

その物件がこちら。

長年空家のため、樹木が凄いことに…。

でも、このくらいのことなら他社でも買えます。


こちらが前面道路。

車が通れない上にちょっと獣道のよう…。

しかも、この道路は私道で持ち分がありませんでした。


こちらがその建物の室内。

ところどころ、床が腐っている…。

登記簿を見ても築年数が記載されていません。

ただ、近隣住民の方の噂では、戦時中に建てられた、との話でした。


そして、建物の裏側は崖があります。

そんなこんなの難あり物件。

ここまでの物件になると他社では購入出来ません。

でも当社は、どんなに物件の難易度が高くても事業収支さえあえば購入できます。

建替えが出来ない物件だって買取ります。

売主様は今回の物件の処分に困っていましたが、本日、当社が売買代金をお支払いし、購入させていただいたため、難あり物件を手放せたということの安心感からか、自然に笑みが溢れてました。


さて、この難あり物件を当社がどうするか…?

車が通れる道路から何十mも入ったところにあるため、建物の取り壊しも、新築工事も目が飛び出るくらいのお金がかかってしまいます。

普通に重機が入れるところとそうでないところの解体費用の違いには毎回驚かされます。

当社はこの昭和の香り満載の戸建を新築そっくりさんばりにリノベーションします。


工期は約3ヶ月。

どうなるか、今から楽しみです!


今日の午後は、神奈川県高座郡寒川町にある貸診療所の賃貸契約更新の手続きで現地まで。

不動産会社としては、オーナーさんと借主さんが日常的によく意思疎通をされているのがわかるとなんだか安心します。

オーナーさんより遊休不動産の有効活用の新規ご相談をいただきました。

他にもユーザー様のご紹介で工場を探して欲しい、という新規お客様も。

嬉しい限りです。


夕方から会社に戻り、管理物件の1週間でのアクセス数を集計。

気がつくと…当社には物件価格1万円の物件が3件もありました。

しかも1万円でもお問い合わせがほとんどない…、厳しい世の中と実感。


明日は、午前中に川崎の借地権付建物と底地の同時売却の引き渡し、午後は世田谷の戸建のご案内、夕方は横浜市の車が入らない土地の売却の契約。

時間が足りな~い、と思っているのは私だけでしょうか。笑