困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

元祖スープ焼きそばと立冬に那須塩原市の別荘地調査

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、新規にご売却のご依頼をいただいた那須塩原市高林というところにある別荘地の土地について。

先日ご来店され、ご相談いただいたお客様。

何十年も前にお父様が原野商法で購入してしまった土地を相続され、売却したい、と。

もちろん、地元不動産に売却の依頼はされていたそうですが、何の音沙汰もなかったそうです。

そして、私の方で動き始めることになりました。

まずは、物件調査。

立冬の今朝は朝5時に横浜の自宅を出発。

車で走ること約3時間、那須塩原市役所に到着。

都市計画、建築基準法上の制限、その他法令上の制限をチェック。

他にインフラも確認しました。

何度か那須塩原市内の土地の調査で市役所に来ておりますが、那須塩原市は東北の震災以降、ホットスポットと言われており、放射能数値が上昇してしまいました。

そのため、市役所の入り口には今だに放射能数値を示す看板が設置されております。

何だかちょっと寂しくなりますね…。


地方物件の調査も多数の行なっており、自分で言うのも何ですがどんどん調査スピードが上がっています。

そして、気がつくと午前中で調査が終わってしまいました。

そこで明日行う予定だった現地調査を今日にまわし、いざ、現地に。

未舗装でガタガタの道を進み、木々のトンネルを抜けると…。

そこには物件が。

幸いなことに雑木林にはなっておらず、3本くらい木がある程度。

まだ売りやすいかもしれません。


ただ近くには…。

クマがでるらしい…。

境界標を探しているときに近くで物音がする度にどきどきしていました。

クマに遭遇することもなく、無事に現地調査完了。


帰りがけに管理事務所に向かうも…定休日でした。

明日、朝一番で再度管理事務所訪問です。


全ての業務が午後1時過ぎに終わってしまいました。

想定以上にだいぶ早く終わってしまったため、ホテルのチェックインまでも時間がある。

と、いうことでちょっとランチに。

元祖スープ焼きそばのお店 釜彦へ。

もちろん、スープ焼きそば大盛りを注文。

私自身スープ焼きそばを食べるのは2回目ですが、結構いけます、スープ焼きそば。

スパイスが効いてるんですよね。

病みつきになりそう。笑


お腹がいっぱいになったところで近くの観光スポットに。

それがこちら。

もみじ谷大吊橋!

どうですか、この景色!

この大吊橋、恋人の聖地にも認定されているそうです。

ちなみに吊橋の長さは320m。

これが意外にも揺れるんです。


ここには、こんな素晴らしいものも。

もみじが精一杯色づいている。

那須塩原市は今がもみじの見頃。

四季折々が楽しめ、横浜から車で3時間の那須塩原市、結構いいかも、ですね。


そして、最後に近くの日帰り温泉で疲れを癒し、ホテルにチェックイン。

那須塩原駅前のホテルだったのですが、駅前にはお店がない…。


まさかまさかの展開でしたが、そういったところも含めての那須塩原主張。

明日は、管理事務所で打ち合わせをして、早々に横浜に戻ります。汗