困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

私道所有者の方よりいただいた価値あるもの

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、私道について。

当社が購入し、これから大規模リフォームをする戸建。

公道にでるまでに第三者所有の私道を通らなければなりません。

私道をご所有されている方はお二人。

前所有者の方は、私道所有者の方と特に何の取決めもされていませんでした。

そこで当社が購入し、販売するためにも私道所有者の方お二人より、それぞれ「私道を通ってもいいですよ。私道を掘ってもいいですよ。」という内容の承諾書が必要でした。

理由は、将来、揉めないため。

例えば「勝手に人の私道を通るな」なんてことを言われないように。

その私道の所有者のうち一人は、私道の持分を買って欲しい、と。

そのため、私道の持分を有償で購入させていただきました。

もう一人の私道の所有者の方は、何度も文章をやりとりさせていただき、最終的に本日、無事に私道の取決めについて合意書を締結させていただきました。

この合意書があるかないかで、不動産の価値が大きく違います。

なぜ、違うかというと、この合意書があれば、この物件の買主様は、ほとんどの銀行より住宅ローンを利用することができます。

ですが、もしこの合意書の取得ができないと…ごく一部の銀行からしか住宅ローンが使えなくなってしまいます。

つまりは、私道の合意書の有無により銀行も不動産の担保評価を判断している、ということなのです。

端的に言うと私道の合意書がないと、売りづらい物件になってしまう、ということです。


でも、こちらの物件は、これでひと安心。

私道所有者の方もとってもご協力的な方で安心しました。

M様、お忙しいところ、ありがとうございました!


今日の午前中は、みなとみらいのランドマークタワーで積水ハウスさんと一緒にお客様と打ち合わせ。

積水ハウスさんよりご紹介いただいたお客様に土地をご購入いただくか、どうかなどなど。

もちろん、土地と建物のご資金計画も同時に協議。

昨日も工務店さんとコラボし、お客様と打ち合わせ。

不動産コンサルタントは、いろんな方とコラボすることが意外と多いんです。

だから、とっても勉強になります。

たまにわからないことをお客様と一緒になって、質問したり。


一人だけでは大したことはできません。

みんなで力を合わせてお客様の問題解決、これが一番。

お住み替えポイント、「より良いところへ」です。