困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

第75回 江進会で学ぶことと情報交換

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、先ほど参加した交流会について。

その交流会の名称は、江進会。

もともと30年前に関内の不動産鑑定士の先生が立ち上げた交流会で弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、不動産会社など色んな業種の方が参加。

世代も20代の方から80代の方まで幅広い。

年2回あるうちの今日が2回目、第75回目の江進会でした。

そして、今回も前回同様、横浜駅東口にある崎陽軒にて。

いつも交流会が始まると、まずみんなで勉強をし、その後に食事をしながら、ひとり一言、近況報告。

他にも詩吟あり、シャンソンありでした。

今日の勉強会は、不動産鑑定士の江蔵先生が直々に講師を担当。

内容は、不動産調停事案における最近の動向について。

その中で印象に残ったことは、弁護士の先生は全国に3.5万人おり、神奈川県にはそのうち1,400人いるということ。

当たり前ですが、弁護士の先生って優秀ですね。

この江進会は、私が起業したときからお世話になっている交流会でみんな営業営業していないところと参加者みなさんが落ち着いているところがいいところ。

しかも、全員第一線で活躍している方ばかりのため、知らず知らずの間に協力しながら、仕事になっている、ということが多い。

実際に私もこの会で知り合うことができた方と多数のお取引きをさせていただいております。

今日の午前中にお打ち合わせさせていただいたお客様もこの会で知り合った弁護士の先生からのご紹介でした。

「人と会うこと」は大切なことですね。

そして、交流会の中で大先輩のひと言から学ぶことも多い。

当然、今日もしっかり大先輩より勉強させていただきました。

ありがとうございました。


次回は、私が司会のご指名をいただきました。

2回目の司会、ちょっとドキドキです。

程よい緊張感を楽しみながら、みんなで最高の江進会にしたいと思います!