困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

境界立会いで発覚した驚愕の事実

 みなさん、おはようございます。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、境界立会いで発覚したことについて。
 当社にてご契約いただいた神奈川県横浜市栄区の古家付土地。

 売買条件としては、境界標の明示と境界立会書の取得でした。
そのため、契約締結後、土地家屋調査士の先生に依頼をし、測量を開始しました。


 そして…土地家屋調査士の先生と所有者にて隣地の方を訪問し、境界立会いのお願いをしました。
ただ、なんだか様子がおかしい…、ご近所トラブルがあったわけでもないのに。


 土地家屋調査士の先生に何度も隣地の方を訪問していた結果、隣地の方が境界立会いに消極的になっている理由がわかりました。
 隣地の方が境界立会いに消極的になっていた驚愕の理由とは…以前、全く知らない不動産会社がいきなり隣地を訪問し、「うちでこの隣の土地を購入したので、立会いしてほしい」と来たそうです。そして、その会社はそれっきり音沙汰なし。そのため、隣地の方はそれを不審に思い、境界立会いに消極的になってしまっていたそうです。
 さらに一切売主様と関係ない会社の方より隣地の方へ「売った」(実際は売却していませんでしたが)と伝えてしまったため、心象もよくなり、疑心暗鬼になってしまったそうです。
 売却中は、当社管理で売却活動をしていたにもかかわらず、その不動産会社は当社には一切何の連絡もなく、かつ、購入もしていないのに隣地の方へアプローチをし、測量作業が大変になってしまいました。
※実際に当初はやらなくてもよかった部分の測量までやるはめになり、測量費用も追加に…


 当社としてはその不動産会社の迷惑行為により、売主様への損害が発生してしまったため、「売主様のため」にもその不動産会社に対しては、厳正に対処していきます。


 また、昨日は朝から錦糸町で鍵を借り、ご契約いただいた世田谷区の蘆花公園にあるマンションの内見。
採寸のために現地で約2時間半待機。
 その後、急いで横浜に戻り、お客様と沖縄県の石垣島の土地の売却に関する打ち合わせ。
 1日が、あっという間に終わってしまいました。
時間が経つのは、本当に早いですね。汗