困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

私道の持分売買、驚愕のその金額は…

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、私道の持分売買について。

そこら中にある道路には、官公庁の所有する公道と個人や法人が所有している私道があります。

この私道は、私有物のため、通行や掘削するときには、私道所有者の許可が必要です。

そのため、私道はトラブルが多い…。

私道を利用している方が変わると地主さんの中には、通行料などを請求してくる方もいます。

今日は、その私道トラブルの案件を1つ解決しました。

ことの経緯は、私道を利用していた前所有者が、地主さんとの約束を破り、その後、その不動産を売却しました。

これに怒った地主さん、新所有者に対し、「私道を利用するな。勝手に通ったら、出入りできないようにする。」と。

新所有者もこれに反発し、地主さんと新所有者はケンカ状態…。

私道って、こわいですね~。


そんな状況で新所有者は、私に相談。

何回も現地に行き、何十回も地主さんに「私道を通らせていただきたい」とお願い。

繰り返しですが、何回も、何回もお願いしました。

すると…少しずつ、地主さんもお話を聞いていただける状態に。

そして、最終的には地主さんが所有している私道の持分を新所有者が購入することで決着。

しかも、地主さんと新所有者の境界もこのタイミングで立会いをし、境界確定も終了!

私道の持分20分の1の売買、驚愕のその金額は、500万円以上!?

これを高いと思うか、安いと思うかはお客様次第。

今回の新所有者は、不動産会社だったため、持分があるかどうかでその後の事業計画も大きく改善されます。


ここまで漕ぎ着けるまでに要した期間は、1年。

自分にお疲れ様と言いたいです。(笑)


それにしても、今日の雪はすごかったですね。

横浜の自宅周辺もご覧の通り、雪景色。

帰宅途中、何回も転びそうになってしまいました。汗


みなさん、くれぐれも足元には、ご注意ください。