困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

持っている土地の場所の調べ方と富士宮〇〇

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、持っている土地の場所の調べ方について。

当社にお問い合わせいただくお客様の多くは、相続で取得した場所もわからない田舎の不動産を処分したい、と。


私としては、場所がわからないと売るに売れません。

そのため、お客様より正式にご売却のご依頼をいただいたときには、まず、お客様がお持ちの固定資産税の納税通知書のコピーをいただきます。

理由は、そこに記載されている不動産の地番を確認するため。


続いては、その納税通知書を発送した市役所の資産税課または税務課に行き、名寄帳を取得します。

この名寄帳とは、Aさんがその市内に所有している不動産の地番や評価額などが一覧になっている証明書のことで、結構使えます。


不動産の地番で場所を調べるところ(窓口)は、大概、資産税課の場合が多い。

結構、丁寧に教えていただけます。


そして…行政によっては、このように地番図と航空図の重ね図がとれるところもあります。

これさえあれば、鬼に金棒。

場所はばっちりわかります。

さらに住宅地図を手に入れるためには、航空図の重ね図に写っている調査対象地の一番近い住宅の地番をチェックし、セブンイレブンの機械でゼンリンの住宅地図をプリントアウトする。

確かゼンリンの住宅地図のプリントアウトは300円かかったような気がします。

これで不動産の場所の特定は、完璧ですね。


今日は、朝から金融機関の方と打ち合わせ。

話した内容は、ネット銀行の住宅ローンの驚愕の低金利、ズバリ0.45%くらい。!(◎_◎;)

金利がひ、低すぎる!?


そして、11時から2時間、私が幹事をしているバスケットボール同好会。

みんな不動産業界の方々。

たまには体を動かして、心も体もリフレッシュ。

ぼろぼろになるまで走り続けます。(笑)

いい汗かきました!(^^)


バスケのあとは、そのまま静岡県富士宮市に。

明日、物件調査のため、前日乗りこみ。

16時少し前に市役所に到着した私は、時間の許す限り、明日行う予定の物件調査を前倒しして実施。

いい感じのところまで、調査を進めることができました。(^^)


そして、ホテルにチェックイン。

夕食は、ホテルのレストランで地ビール片手に静岡おでん。

黒はんぺんも、忘れずに。(^^)

ダシが効いてる。


続いては、富士宮市と言えば…富士宮焼そば!!

かつお節がたまらんですね!(^^)

も~お腹一杯です。


ホテルの温泉に浸かり、明日に備え、準備万端です!(^^)