困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産の寺子屋、お教えするのは不動産〇〇のハウツー

 みなさん、おはようございます。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、最近当社にご相談いただくお客様の傾向について。

 当社では、日々特殊というか、他社さんで「売れない」と言われてしまった不動産や市街化調整区域の農地や建替えができない不動産についての売却・処分のご依頼を多数いただいております。

 当社にご依頼いただいたお客様のうち、大部分がなんとか無事に「売却」できております。

 そんな中、思うこと、それは最近のお客様は積極的な方が多い、ということ。(私も助かります)

わかりやすく言うと、今までは「不動産の売却をお願いしたい」という内容でしたが、最近では「不動産の処分をするためにはどのようにしたらいいのか」、「交渉する際、相手方に何を伝えてよくて、何を言ったらまずいのか」など。

以前と比較して、かなり具体的になってきてました。

 一昨日メールいただいた群馬県の別荘地の処分を考えているお客様は、『諸費用を負担し、タダでもいいから土地を手放したい」とお考えでしたが、すでに管理会社に別荘地内で土地を探している方がいないかヒアリングをし、さらに隣地土地所有者の方にも「うちの土地をもらってくれないか」とお願い済み』でした。

 本当に、いい意味で積極的です。

 難あり物件は、物件価格が低くなりがちで仲介手数料も安くなってしまうため、なかなか売却を手伝ってくれる方がいません。

 そう考えると今後は少子高齢化で不動産需要が減ってしまうため、不動産会社だけに頼った売却はなかなか厳しいのかもしれませんね。

 では、どうしますか?

 難あり不動産を手放すためにお客様ご自身でも「積極的に動く」必要がでてきます、後世に難あり不動産を残さないためにも。


 私としては、今までの経験から、売却・処分するためには、しかも『「高い金額で売却する」ためには◯◯をやってみたほうがいいですよ』とお伝えしています。

 まさに不動産の寺子屋、お伝えしているのは、不動産処分のハウツー。


 昨日は、朝一番で足立区の借地権付建物の売却、流れの打ち合わせ、午後は香川県よりお客様がご来店され、横浜市内の市街化調整区域にある農家住宅の処分についてのハウツー指導、夜は事故物件の買取(仕入れ)の契約でした。


 そして、足立区のお客様、香川県のお客様よりお菓子をいただいてしまいました。

ありがとうございました!


これからもどんどんお客様にお教えしていきます、不動産売却・処分のハウツーを!!(^^)!