困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

路地裏物件の再生と柱のあるリノベーション戸建

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、路地裏物件の再生について。

先日お話しいただいた川崎市の路地裏物件の買取り依頼。

まずは、現地確認。

物件の前の道は、幅が狭く、車も通れない道でした。

少し前面道路が危ないな、と思ったので川崎市役所で調査。

すると…案の定、前面道路は建築基準法上の道路ではありませんでした。

つまりは建て替えできない物件…。

そのまま、役所と建て替えする方法について模索。

最終的には、当社であれば、頑張れば何とか建て替えできそうでした。

ただ、買取り再販だとちょっと収支が合いません。

そのため、買わずに見送ることに。


その帰り道、当社が所有している神奈川区の不動産の下見。

以前は、青地の樹木が生い茂っていました。

それがご覧の通り、すっきり。


ぼろぼろだった建物をリノベーション。

いい感じに工事が進んでいました。


明るいリビング。


柱のある家。

天井もちょっとだけ高い。


完成が待ち遠しい!(^^)


夜は契約書の作成2件。汗

なんだか忙しいな、と思っていたらそれもそのはず、まだ1日なのにすでに6件も契約の予定がある。

契約金額は1円のものから1億円超のものまで。

売主様や買主様も十人十色ですが、不動産も2つ同じものがない、正に十人十色ですね。(^^)