困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産投資、究極の空室対策をご存知ですか?

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、不動産投資における究極の空室対策について。
 賃貸不動産経営管理士である私に協会からメールでセミナーのお知らせをいただき、本日そのセミナーに参加してきました。

 大きな内容は、賃貸不動産経営管理士が行うべきことについてでしたが、個人的に興味を持ったことが賃貸アパートや賃貸マンションなどの不動産投資における空室対策でした。
 パネラーの方のお話をお聞きし、いろいろ考えさせられました。
 これからどんどん人口が減っていく世の中において、空室がでないように維持管理することが不動産管理会社、賃貸不動産経営管理士の責務になります。
 そして、実際にパネラーの方の会社では管理物件の空室率が極端に低い。Σ(゚Д゚)
何をしたら、そんな低い空室率を維持できるのか…?


 よくペット飼育可にしたり、DIY可にしたら、空室が成約になったなんてことを聞きますがあるパネラーの方は、バス便エリアにバスの本数が少ないからと言って、大学までの学生向け無料バスを走らせてみたり、入居者の方が無料で利用できるカフェをつくってみたり、ご高齢者ばかりとなってしまった街にファミリー層を呼び込む仕掛けをつくってみたり、人気の飲食店を近くに誘致したりと。
 管理会社自らがオンリーワンの部屋作りをDIYでチャレンジしてみたりと多種多様。


 そして、その中で究極の空室対策は…、そもそも街全体で空室対策に取り組み、「魅力ある街づくり」が重要ですね、ということでした。
 確かに近隣との競合での空室対策をしたところで家賃の下げ合いなどで近くだけで入居者の引っ張り合いをするのではなく、街の魅力をアピールすることで人口を増やし、そこから入居率を上げていくといった方が話は早い。
 魅力がない街は今後、どんどん衰退していってしまいます。
 そのため、街の人が一丸となって「魅力ある街づくり」をする、これが究極の空室対策となります。


 言葉で言うのは簡単ですが、少しずつでもチャレンジしていかなければ、乗り遅れてしまいます時代の流れに。