困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

山を売却時の注意点と20,000m2で1円の山!?

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、山を売却時の注意点について。

当社には、日々難あり物件の売却のご相談があります。

今日はその中の1つ、静岡県にある20,000m2の山のご契約でした。

売主様が、相続で取得された山。

場所もどこだかわからず、現況がどうかもわからない…。


そんな山でしたが、当社にご登録いただいているお客様にてご購入いただけることに。

境界もわからないため、その測量の費用も考慮して売主様、買主様で契約金額を協議。

最終的には…20,000m2の山を1円で契約することに。

売主様は、それでも手放したい、と…。


ただ、ここでポイントが。

それは、面積が広い土地の売買の場合には、国土利用計画法や公有地拡大法という法律により、契約前の届出が必要となることがあります。

今回のように20,000m2の土地については、要注意。

調査した結果、今回は国土利用計画法は契約後の届出で、公有地拡大法については適用がない土地でした。(^^)

もし、届出が必要なのにもかかわらず、届出をしてない場合は、違法行為となってしまい、処罰される可能性があります。


不動産売買、何でもかんでも契約すればいいというものではありませんね。

契約する前にしっかりと調査、当たり前のことですね。(^^)