困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

お客様が別荘地の管理会社である不動産会社から言われたショックなひと言

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、別荘地の売却について。

本日新規にお問い合わせいただいたお客様。

ご相談内容は、静岡県にある別荘地を売却したい、と。

その土地は、長年放置してしまったらしく、現状は雑木林…。

その別荘地自体は、私の方で売却させていただいた実績もあるところでした。

ただ、売却活動中も管理費がかかる別荘地とあってほとんどお問い合わせは、ありませんでした…。

何とか売却はできたものの、正直しんどかったです。


そのため、私がお客様にアドバイスさせていただいたこと。

それは、別荘地の管理会社である不動産会社に一度、「購入していただけないか」もしくは、「売却してもらえないか」とお願いしてみてください、と。


それに対するお客様の答えは…「すでに管理会社には相談しました。管理会社の答えは売れない。」と言うものでした。


管理会社は自分で管理しているのに「売れない」と言ってしまうんですね、同じ不動産会社としてショックです…。


やはり、私が何とかするしかないのか…。


他にも千葉県の農地の売却のご相談も。

地元不動産に1年近く売却を依頼されているそうですが、なかなか売れない、と。


農地の売却は厳しそう農地法の規制があるため、売却も一筋縄ではいきません。


でも、売却はできます。

それには、ノウハウが必要なんです。


だから、不動産の売却は「誰に任せるかが大事」ということです。(^^)