困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

最近最も多い不動産を売却する理由

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、最近最も多い不動産を売りたい理由について。

当社には、ほぼ毎日と言ってもいいくらい、全国のお客様より不動産の売却に関するご相談をいただいております。


なぜ全国か、というと当社は全国の売りづらい・売れない物件を売却してきており、その実績をお客様が当社ホームページよりご覧になり、お問い合わせいただくからです。


つい先日も千葉県の農地を売りたいとか、兵庫県の別荘地内の土地を手放したいや、茨城県の市街化調整区域の土地・埼玉県の農地を売却したいなどなど。


その多くのお客様の不動産を売りたい理由は…相続で取得し、使用もしておらず、維持管理が大変だからというもの。


そして、こういったことを理由に不動産を売りたい方は増加傾向にあります。

少子高齢化が進み、不動産が余る今後は、不動産を売りたくても売れない時代が来ることは間違いありません。

もちろん、都心の一部地域は該当しない場所もあるかと思いますが。


使っていない不動産、大切なことは「手放すタイミング」。


手放すタイミングは、早ければ早いに越したことはありません。


つまり、不動産の売却は「急がば回れ」ということなんですね。(^^)