困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

〇〇だと空室になりやすい物件の特徴とは

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、不動産投資について。

今日は基本的に休みでしたが、自己研鑽のために午後から神保町駅で不動産コンサルティングセミナーに参加してきました。

内容は、投資用不動産プロデュースのためのキモについて。


いくつか印象的なポイントがありました。

それがこちら。


・今後、人口減少が進むことで大部分の地域で不動産の価値が大暴落


・2050年には東京都の一部の区でも人口が減少する


・賃貸物件で空室になりやすいのは、洗濯機置場がない物件、和式トイレ、バランス釜の風呂


・どういった賃貸物件を建てるのかは、周りの競合物件と比較するのではなく、どのような需要があるのかで決める

・海外では家賃は上がるものですが、日本では家賃は下がるもの


・家賃を下げないためには、住民みんなで街おこし


・不動産は場所が命


約3時間半、しっかりと勉強させていただきました~。(^^)


明日から広島出張です。

家が建てられない難あり物件を売却しに行ってきます!


早朝の飛行機のため、寝坊しないようにせねば。汗