困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

分家住宅の日と成田市の戸建で見てびっくりしたもの

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、私にとって分家住宅の日でした。

その理由は、午前中に横浜市神奈川区の分家住宅の売却のお引渡しをし、夕方は新規に横浜市戸塚区の分家住宅の件でご相談をいただいたからです。

神奈川区の分家住宅は、都市計画法で定める用途変更をし、第三者に売却しようとしましたが、残念ながら売主様が開発許可基準の要件を満たしていなかったため、土地としてしかご売却できませんでした。

市街化調整区域の建物が建てられない土地は売れないでしょ、とお考えの方が多いと思いますが…売る人が売れば、しっかりと「いいお値段」で売れるんです!(^^)


本日お引渡しさせていただお客様は、ご希望金額以上で売却ができ、ご満足いただけた様子でした。


一方、夕方の分家住宅のご相談内容は、ちょっと心配…。

何が心配かというと分家住宅のことをあまり理解されていない模様。

ただ、ご相談者の方には日ごろよりとってもお世話になっているため、何かあれば、私のほうで策を練らねば。(^^)


午後からは千葉県印西市の再建築不可物件の内見。

いろいろあり、先月、売主様とお会い出来なかったため、今日お会いできて良かったです。(^^)

売主様とは頻繁にメールにて連絡を取り合っているため、初めてお会いした気がしませんでした。

ただ、今日の印西市の物件、再建築ができない物件ですが、必ず私が何とかしてみせます、お客様のために。


印西市の再建築不可物件の内見後は、その足で成田市役所へ。

お客様より買取依頼の物件の場所の特定のために成田市役所 資産税課にて打ち合わせ。

無事に場所を特定することができました~。

もちろん、そのまま現地へ直行。

物件は、田舎の空家と車も入らない雑木林…。

て、手強い…。

空家の室内には残置物が多数あり、前居住者の生活感で溢れていました。

雑木林の物件は、現地に行くためには田んぼの中の幅30センチくらいの道を通らなければなりませんでした。

しかも、売買の際には農地法の許可が必要…。

う~ん、難あり物件ですね…。


そんなことを考えていたら、足元でガサガサっと。

へ、ヘビだ~!

びっくりしたのは、ヘビではなく、私の方でした。(笑)

先日も千葉県山武市の物件でヘビを見かけました。

千葉県は、ヘビが多いんですかね?苦笑