困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

エレベーターがない5階のお部屋でも住みたいと思えるナイスなリフォームと農用地の売却相談

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、これから販売を開始するエレベーターがない団地のお部屋について。
 場所は、川越市。
 売主様が今まで大切にお使いになっていたお部屋でしたが、お引越しされ、空家に。
そこで売主様といろいろ協議をした結果、「このお部屋を気に入っていただける方にお譲りしたいということでリフォームします!」と。
 そして、つい先日、売主様にて行っていただいたリフォームが完了したため、今日の午前中は物件のある埼玉県川越市に。

 昔の団地は、緑が多く、団地内には遊具がある提供公園があったり、歩道がしっかりと整備されていたり、雰囲気はとてもいい感じのところが多いですね。
 もちろん、今回のかわつる三芳野団地もいい雰囲気ですよ~。!(^^)!


 こちらが、リフォーム後のお部屋。
クロスやクッションフロア、カーペット、障子に襖まで張替えがされており、とっても明るい雰囲気になっていました。


 携帯のパノラマでも撮影してみました。


 このエレベーターがない5階部分106㎡の5LDkタイプの間取りのお部屋ですが、素敵にリフォーム済みということも加味するとエレベーターがないことは気になりません。(私は)
 逆に毎日、5階への階段の上がり降りするくらいでないと運動不足になってしまう、と思えるくらいナイスなお部屋です。
 繰り返しになりますが、これから販売をします。
 販売価格は…乞うご期待ください!


 そして、横浜の会社に戻ると今日も新規のご売却のご相談。
そのご相談は、青森県の農業専用地域(農用地)内の農地。
 つまり、農地から他の用途に変更できない土地のご売却相談。
もちろん、農地法の関係で購入できる方は農家の方または農業法人でないと購入できません。
最近本当に増えいます、農地のご売却の相談が。