困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

動機は「子どもに迷惑をかけたくない」

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、最近多い不動産売却時の売主様の動機について。


当社には、お客様よりたくさんの売却しづらい不動産を手放したい、とご相談をいただきます。

そのお客様の大部分の方が「子どもに迷惑をかけたくない」ということが売却動機。

売りづらい物件、つまり資金化しづらいのに維持管理費用ががかる負動産を残してしまうと子どもたちに負担がかかります。

だから、売主様は自分が生きている間に何とか売却したい、最悪、タダでもいいから手放したい、と考えるのです。


確かに使ってもいなくて、売りづらく、維持管理費用がかかる不動産は、お願いされても欲しくないですよね、


今日は、神奈川県厚木市の農地の売却相談をいただきました。


先日は愛媛県の農地、埼玉県の再建築不可物件、横浜市の長屋など。

意外と多いんです、難あり物件って。苦笑


若干、契約案件が重なっており、なかなか新規案件まで手が回らない…。汗


契約案件と言っても静岡市葵区の崖、千葉県印西市の再建築不可物件、群馬県草津町の別荘地内の土地、栃木県那須塩原市の別荘地内の土地とどれも難あり物件ばかりです。汗