困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

埼玉県のマンションを千葉県で契約した理由

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、契約場所について。

先月からご売却のご依頼をいただいていた埼玉県のマンション。

今まで培った様々なルートを駆使した結果、好条件でご購入いただけるお客様をお探しすることが出来ました!


売主様は、千葉県にお住まいで相続でその埼玉県のマンションを取得されました。


お盆前にご契約の段取りをし、お盆明けの土曜日の今日、売主様、買主様にご契約いただきました。

ご契約場所は、マンションのある埼玉県ではなく、千葉県でした。


その理由は、買主様は都内のため、物件のある埼玉県でも売主様の居住地の千葉県でもどちらでもよかったためでした。

それで売主様のご自宅の近くである千葉県でご契約いただいたのです。


ご契約自体は、どこでも可能です。

そのため、ご契約場所は売主様と買主様のご意向を考慮しながら、決定します。

今回は、買主様が売主様のご意向に歩み寄っていただけたかたちでした。


今回の案件は情報公開前だからこそ、好条件で買主様をお探しすることができ、売主様とともにひと安心でした。

不動産は、全て公開すれば、高く売れるというわけではありません。

公開しない方が高く売れることだってあるのです、今回のように。(^^)