困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

ちょっと気になる最近の不動産市況と異業種を学び経営を考える

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、ちょっと気になる最近の不動産市況について。

今日は、月1回の私が幹事をしている不動産業界メンバーでのバスケットボール同好会でした。

メンバーは横浜市内に住んでいる大手不動産仲介会社の方や地元不動産会社の方、建築士の方、ハウスメーカーの方。


期末の忙しい時期ということもあり、参加者は試合ができる10人をきってしまいましたが、久しぶりに4対4などをして、それはそれで楽しむことができました。

リフレッシュできました~。(^^)

そして、休憩の時に大手不動産仲介会社の方に「最近、仕事の方はどうですか?」と質問。

すると大手不動産仲介会社の方の回答は、「スルガ銀行の不正融資以降、水面下で不正融資に加担していた不動産会社が軒並み銀行から取引き停止になり、物件が売れなくなった。エンドユーザーの方も不動産市況がどうなるか市場を見ているだけの状態です。本当に物件が売れていなくて、厳しいです。」と…。


どうなってしまうのか、不動産市況は…?

不正融資問題は今後もいろんなことがでてきそうですね。


楽しいバスケの後は東京駅で異業種の勉強。

「物販で新規事業をつくるセミナー」に参加してきました。

物販も奥が深いですね。

ポイントは、グローバルに安く買い、高く売る。

考えは、不動産の買取再販に通じるところもあります。


ただ、これから少子高齢化、人口減少で縮小していく日本の不動産市場だけで勝負していくのもリスクがあります。


会社の経営は、いろいろと考えることがある、だから楽しいんですけどね。(^^)