困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

知っておきたいマンションと戸建を早く売る方法

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、マンションと戸建を早く売る方法について。

みなさんの中には所有しているマンションや戸建を売却中の方もいると思います。

その中には、お問い合わせはあるものの見学する方が少ないや、そもそも問い合わせ自体がないという方もいることでしょう。


そんな時に知っておいた方がいいこと、それは「早く売る方法」。

まず、最近不動産をお探しのお客様はインターネットでお探しのお客様が多く、金額、駅からの距離、室内の状況をチェックされ、お問い合わせをするかどうかを検討します。

そのため、マンションや戸建を売却するのに写真がないなんて言語道断。

お客様はご興味を持った物件は、後日、現地をご見学されます。

お客様に物件をご見学をいただくときにとっても大切なことがあります。

それは、第一印象を良くすること!

みなさんは、どうすればいいかわかりますか?

答えは「ホームステージング」。

ホームステージングとは、住宅の片付けや清掃、家具、インテリアなどでお部屋を演出すること。

間違いなく、印象が良くなります!

アメリカでは主流なのですが、これからきますよ、日本にも、ホームステージング。(^^)


ちなみに当社では、プレセンスさんの1級ホームステージャーの柴田さんにホームステージングをお願いしています。

いつもそうなんですが、出来栄えはさすがプロ!(^^)

プレセンスさんでは、ホームステージング後にプロカメラマンによる撮影があります。

その写真をインターネットに掲載すれば、お問い合わせも増加!

しかも、ご見学されるお客様の第一印象も格段に良くなります。

すると…早期売却が可能に!

実際に当社の物件でホームステージングしたものは、情報公開前に成約してしまうものが多いのです。

本当は、ホームステージング後のステキなお部屋をたくさんのお客様に見ていただきたいのですが。(^^)

マンションや戸建を売却中で長時間かかっている方は、一度ホームステージングを検討されるのもいいかもしれませんね。

ちなみに当社の現場が、紙面にも載りました。


ちなみにこちらが、プレセンスさんの柴田さん、いい仕事しますよ。(^^)


今日は朝6時過ぎに横浜の自宅を出発し、8時過ぎに埼玉県の上尾駅でお客様と合流。

9時から再建築不可物件の契約をし、急いで横浜に戻り、13時から神奈川区役所で不動産何でも相談会の相談員。

夕方4時に相談員業務が終わり、そのまま保土ヶ谷区役所で調査。

夜にホームステージャーの柴田さんがご来店され、打ち合わせ。

息つく暇もない日々が怒涛のように過ぎていきます。汗