困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

売主様必見!不動産業界の裏側で起こる驚愕の真実

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、不動産業界の裏側で起こる驚愕の真実について。

ご存知の通り、当社では土地・戸建・マンション・アパートなど事業化できる不動産ならどんなものでも購入しています。

何の問題もない物件から建替えができない再建築不可物件や事故物件、崖地、借地権、底地などの難あり物件も買取っています。


そして、昨日、今日で川崎市川崎区、横浜市瀬谷区・鶴見区・南区・金沢区の再建築不可物件の買取り依頼も。

物件を買取るときには、所有者の方から直接買取ることもあれば、仲介会社経由で買取ることもあります。


そんな中、横浜市金沢区の再建築不可物件の買取り依頼は、仲介会社経由でした。

その仲介会社の方曰く、「売主と150万円で話がついているので売主に150万円、私に350万円を支払い買取って欲しい」と。

最初は、この担当者が言っている意味がよくわからなかったのですが、よくよく聞いてみると担当者が売主様にいくべきお金を自分に欲しいと言っているだけでした。


それにしても、酷くありません?

だって、売主様にいくお金より不動産会社の担当者が裏で受け取ろうとしている金額の方が大きい…。

ま、金額の問題でもありませんが。

モラルがないのか疑ってしまう…。


でも、不動産業界の裏側では、会社の大小かかわらず、同様のことが頻繁にあります。

怖いですね、不動産業界、不動産の売却は。

不動産の売却は、誰に依頼するかが大切なのですが、誰がまともな方かどうか判断するのが、これがまた難しい…。

ちなみに私は、仲介会社の担当者からそう言った裏金依頼的な話を聞くと一気にその物件を買う気がなくなってしまいます。

なんか、その仲介会社の担当者に加担しているようで嫌な気分になるので。


業務では、先日本を出版したこともあり、たくさんのお客様やお取引き先の方々より「本を買いましたよ」ってお言葉をいただけます。

素直にとっても嬉しいです。(^^)

本には売りづらい不動産の売却方法も掲載しているので、少しでもみなさんの不動産トラブルの解決の一助になれば、頑張って出版した甲斐があります。^_^


ここのところ、休みもなく、朝早くから夜遅くまで業務が続き体から疲れ気味だったので今日は、少し早めに仕事を切り上げて、反町駅にあるマッサージ屋さん ほぐしあさんで1時間体をほぐしてもらいました。

やっぱり疲れた体には、マッサージが一番!(^^)

休むことも仕事の1つ!


自宅に帰り、ふるさと納税の返礼品 佐賀県小城市の日本酒を飲み、さらにリフレッシュです。(^^)


これで明日も頑張れます!