困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

メディアのおかげで問い合わせが殺到、東伊豆町の1円の別荘

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、最近話題の当社管理物件について。

売主様より今年の6月から売却のご依頼をいただいている東伊豆町の別荘。

もともとは、売主様のために少しでも良い条件で売却できるように、と200万円で販売を開始。

…が、全く問い合わせがなく、時間だけが経過。


そこで売主様と打ち合わせをし、8月に販売価格を50万円に変更。

すると、お問い合わせはあるものの、内見までには、至らない。


その大きな理由は、別荘地内の物件のため、売買の際に水道や温泉の権利金が多額にかかることでした。

その額なんと113万円。


そこで今月の12日に売主様と再度打ち合わせ。

50万円で内見の方もいらっしゃらないのであれば、思い切ってタダであげちゃいましょう、と。

実は売主様は当初より使ってなくてもランニングコストがかかってしまう別荘のため、タダでもいいから手放したいとのご意向でした。


ですが、タダだと各種サイトに掲載できないため、1円に価格変更。


すると…殺到するお問い合わせ。

20件以上。

しかも、テレビや新聞の取材依頼まで。


昨日はアメーバTVのけやきヒルズ、今日はとくダネ、ラインニュース、明日はビビットとNスタ。

テレビに映った自分を見るのってなんか不思議な感じ。(笑)

ただ、不動産会社が受領できる仲介手数料には上限があり、1円では報酬がなく、完全にボランティア。

でも、いいんです。

売主様のためになるのであれば。^_^


それでも、今日は東伊豆町の1円の別荘のお問い合わせ対応であっという間に1日が終わってしまった。

そして、やっと今日の仕事が完了。

時間的にはすでに明日が始まっている。汗