困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

メディアが気になる不動産市場と週75,000件のアクセス数の物件とは

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、アクセス数が週75,000件の物件について。

当社では、毎週月曜日に全ての物件の1週間のアクセス数を集計し、売主様に報告します。

その理由は、販売価格が現在の市場において乖離がないか判断するため。

適正価格の物件はアクセス数が多く、ちょっと強気の物件はアクセス数が少ない。

不動産をお探しのお客様は、それだけよく見ているということ。


当社では、売れる物件は不動産検索サイト アットホームのエンドユーザーの1週間のアクセス数が100件前後で成約になります。

ところが…当社には先週1週間で驚異的なアクセス数を記録した物件がありました。

そのアクセス数は、な、なんと…75,000件! !(◎_◎;)

物件は、メディアを通してご存知の方も多いかと思いますが、「東伊豆町の1円の別荘」。

100円ではありません、1円です!


今日も朝と夕方にテレビで放送されていました。

そのため、今日だけでもお客様からのお問い合わせがたくさんありました。

そして、対応に追われる私。汗


さらに今日もテレビ局や新聞社からの取材依頼。

メディア各社が気にしていること、それは「負動産」について。

今日の取材でも「今後増え続ける負動産とその処分方法」を聞かれたため、実例をもとにご紹介させていただきました。


お話しさせていただいた内容が記事になるのが楽しみです。


そして、メディアの影響で当社への売却相談も急増中。

ここ5日間で田舎の不動産の売却相談が15件以上。 !(◎_◎;)

聞くと、みなさん売りたくても売れない不動産ばかり。

これはぼちぼち私の出番ですね。

ただ、かなりキャパシティを超過しているため、そこはある程度、考えながらご対応させていただきたいと思います。^_^


明日、明後日は大阪に物件調査。

美味しいたこ焼きを食べるのが、待ち遠しい!(^^)