困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

怒涛の売却相談と農地の売却

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、農地の売却について。

テレビで当社が放送されたせいか、毎日毎日新規売却相談が。

栃木県日光市、那須塩原市、茨城県取手市、静岡県富士宮市、静岡県伊東市などなど他にもたくさん。

怒涛の売却相談…。汗


それにテレビや雑誌の取材もあるため、やるべきことが多く、時間が少ない。


そんな中、新規にご相談いただいた案件は農地の売却でした。

所有者の方が自ら売却しようとも売れず、当社にご相談いただきました。

かなり難易度が高い農地かと思いきや…農業委員会と協議したところ、農用地でもなければ1種農地でもない。

完全にソーラーパネル用地。

もちろん、ほかの用途も可。


売却自体もすぐにできそう。

つまり、売却がしやすいかどうかは、不動産会社の営業マンが物件調査をしたところで過去の経験から「売り方」を探しだせるかどうか。


今日は、神奈川県横須賀市の市街化調整区域の戸建、宮城県仙台市の再建築不可物件、横浜市鶴見区の土地の契約書の作成もしました。

そのため、仕事が終わったのがこの時間。

もっと早く終わらせないとな~、と思うのですが、なかなかそうもいかない。


ま、急ぐことなく、一歩ずつ確実に前進していきます。(^^)