困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

熱海の土地、タダで差し上げます!

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、新規売却…というよりは不動産を手放したいというご相談。

先日、当社がテレビで放送されて依頼ご売却のご相談が増えています。


その中の1つ。

それがお客様が20年以上前に購入された熱海の別荘地内の土地を手放したい、というものでした。

理由は、使ってなくても管理費と固定資産税がかかること、お子様も今後利用予定がなく、お子様に残したくないということでした。


お客様自身、別荘地の市況が厳しいことをご存知だったため、「売却」は難しいだろうから「タダで差し上げます」と…。

昔は、別荘地を購入すれば何年後かに価値が上がると言われていましたが、今では活用していない別荘地内のランニングコストがかかる土地は資産ではなく、負債になってしまいました。


不動産会社としては、「価値がない不動産」ということは、いささか残念ですが、お客様のためにも一肌脱ぎましょう!

きっとこの案件もボランティア案件ですね。(^^)


ちなみに今日は、法務局の開庁と同時に調査開始。

そして、事務所に戻り、午前中のうちに江戸川区と横浜市栄区のマンションの査定。

今回の査定は、AI査定。

その結果は…、私が予め予想していた査定額とほぼ同じ。

その査定額を算出するためにかかった時間は約3分。

便利な世の中になりましたね。

というより、マンションの査定に営業マンはいらない?と思えてしまう…。

ただ、マンションの購入や売却にはやっぱり人との触れ合いは必要だとも思う。

不動産売買は、人とAIの協業ですね。(^^)


午後からは、浅草橋で打ち合わせ2件。

1件は、ソーラーパネル設置についての収支や手続きについて。

もう1件は、任意売却を多数手掛けている方から一緒にセミナーや不動産サイトをつくり、もっとたくさんのお客様を助けられる仕組みをつくっていかないというもの。

どちらもとっても勉強になりました。(^^)


明日は岐阜県郡上市の別荘地内の土地のお引渡しで名古屋出張。

小倉トーストでも食べてきたい気分です。(笑)