困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

立て続けにきた売却・買取り依頼はやっぱり〇〇だった

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、立て続けにきた売却・買取り依頼について。

毎日動きが続けている私の元にはなぜか売却・買取り依頼が多数きます。


ここのところ時間がなさすぎて新規のご相談は、来年1月以降に動きだす旨お客様にお伝えしています。

と、いうのも毎日朝7時過ぎに会社に着き、日中は調査や打ち合わせ、夜1~2時くらいまで契約書を作成しています。

ただ、忙しくしているとなぜか新規の売却・買取り依頼が増え続けます。

何故なんでしょうね?


今日の買取り依頼は、横浜市港北区、港南区の車が入らない再建築不可物件。

ま、またか…。

しかも、建物は老朽化している。

建物を壊すと建てられないし、リフォームするには多額の費用がかかる…。


本当に多い、そして増え続けています再建築不可物件が。


他にも横浜市栄区のマンションの任意整理、神奈川県小田原市の戸建の庭先売却、千葉県山武郡横芝光町の農地などなど。


それに加え、不動産会社の方からも「難あり物件の売却方法を教えて欲しい」や「うちのかわりにお客様の難あり物件を処分して欲しい」なんてことのご相談までいただきます。


そう考えると時間がいくらあっても足りないのはわかる気がする。


とは言え、少しずつ前進し続けるしかないんですけどね。(^^)