困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

再建築不可物件の売却依頼とかぼちゃの馬車が姿を変える?

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、再建築不可物件の売却依頼について。

先日、埼玉県川口市の再建築不可物件をご売却させていただきました。

すると…その売主様よりご売却いただいた隣の再建築不可物件の所有者の方とさらにその隣の再建築不可物件の所有者の方をご紹介いただけました。(^^)

再建築不可物件の連鎖。


そのため、今日は朝から川口市の再建築不可物件の現地でお客様との打ち合わせ。

室内は、結構な広さで趣きのある建物。

いい味だしてます。

ちなみに全居室南向き、かつ、全居室に収納あり!(^^)


図面の作成ができ次第、情報を公開します。

乞うご期待ください!


また、今日は都内の不動産仲介会社の方より板橋区のシェアハウスの買取査定。

しかも、そのシェアハウスはもともとかぼちゃの馬車というものでした。

例の騒動後、いろいろと世間体からもかぼちゃの馬車というネーミングを変えたのだとか。

そして、そのシェアハウス、経営が成り立たず買い取って欲しい、と。

ただ、もともと売主様が高い金額で購入してしまっていたため、当社が購入できる金額とは乖離があり過ぎ、購入出来ず。

スルガショック以降、水面下で優良物件が適正価格で出回るようになったため、無理してまで購入はしません。

思うことは、かぼちゃの馬車を買ってしまった方は、辛いんだろうな、と。


今回のことで学んだのは、シェアハウスのネーミングがかぼちゃの馬車ではなくても、もともとかぼちゃの馬車だったものが単純に名称を変えただけ、ということもあることです。