困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

売れない物件を処分するときの心構え

みなさん、おはようございます。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、売れない物件を処分するときの心構えについて。

最近では本当に売れない物件、特に地方物件の処分のご依頼を多数いただいてます。

みなさん昔に高い金額で買ってしまった方々。

そのため、売れない物件にもかかわらず、いくらで購入したから、いくらで売りたい、と。

ただ、このいくらで売りたいという金額が無法過ぎます…。

売主様のお気持ちもわかりますが、昔と今では、相場も需要も違います。

売主様はその物件を寄付もできず、子ども、孫の世代、その先までこの売れない物件が引き継がれてしまうことに焦りを感じ、複数の地元不動産会社に相談されます。

しかし…地元不動産会社からは、売れない、もしくは電話の折り返しもない始末…。

それは、不動産会社も仲介手数料という報酬と取引きにおける宅建業者としての責任の重さを天秤にかけた結果、積極的に動くにならないからです。

確かに私も業務として引き受けるのは、正直辛い…。

それでも私は、対応しています。

誰かが対応しないといけないから。

…が、交通費の実費は、売主様にご負担いただかないと業務にあたった瞬間に赤字になってしまいます。

そのため、私のほうでは、地方物件の売却・処分案件については、交通費の実費分をご負担いただけるお客様のみご対応させていただきます。


中には、交通費がかかるから現地を見ないで売って欲しい、という方もいらっしゃいますが、現実的ではありません。


厳しいお話ですが、軽井沢などのごく一部を除いては、地方物件の売却・処分のためには、費用を投下しなければならない時代になりました。


そして、その心構えがないと地方物件を売却・処分することが出来ないのです。