困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産会社専用物件検索サイトに掲載されている賃貸物件の中で最も安い賃料は…(神奈川県)

 みなさん、おはようございます。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、不動産会社専用物件検索サイトに掲載されている賃貸物件の中で最も賃料について。
 今日は、朝から当社にご登録いただいているお客様のために新規物件や価格変更物件のチェックをしていました。
そんな中、気づいたこと、それは再建築不可物件は大部分が賃貸中の物件が多いということでした。
 それは、再建築不可物件を通常に売却しようとしても苦戦してしまうため、賃貸にだすことで収益があがらう投資用不動産という商品に変更した方が売却しやすいと売主様がお考えになられたからだと思います。


 そういった物件を見ていてふと気になったことがありました。
 賃貸物件については、物件がある地域、建物の仕様などによって賃料も様々ですが、神奈川県内で最も安い賃貸物件はいくらで、どのあたりの物件なのか、と…。


 気になったら調べてみないと気が済まない私。
 早速、不動産会社のみが閲覧可能な不動産会社専用物件検索サイト(レインズ)にてチェックしてみました。

すると…ありました、神奈川県内の最も賃料は…。
…な、なんと「14,500円」でした~!


 場所は神奈川県相模原市緑区、JR中央線「相模湖」駅からバス15分、バス停より徒歩19分のところにある木造アパートの1室でした。
専有面積17.35㎡、昭和63年築のワンルームタイプの間取り。


 今後は少子高齢化が進み、人口が減っていきます。
この状況下に心配すること、それは賃貸物件の空室がそこらじゅうに溢れかえってしまう将来、賃料は一体いくらまで下がってしまうのか、と。


 投資用不動産を購入するときは、今の賃料だけを考えるのではなく、10年先、20年先の賃料・修繕費用もある程度、見越して購入しなければ負債だけを背負ってしまうことになってしまいそうですね。
 投資用不動産の購入は慎重に。!(^^)!