困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

東伊豆町の1円別荘のその後と時間がない理由

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、時間がない理由について。

6年前に起業してからというもの、なんだかんだで時間がない。

会社員だった頃の方が時間はたくさんありました。

もちろん、仕事の楽しさは起業してからの方が会社員時代よりも数倍楽しいですけどね。(^^)


ただ、ここ2~3か月の業務量が半端ない。汗


そこでなぜ、こんなにも時間がないのかを調べてみました。


すると、2つの原因がわかりました。

それは、まず原因の1つは出張が多いこと。

毎月、平均で20日くらい出張していることが多い私。

幸いにも先月に限り、出張が15日と少な目でした。


そして、2つめの原因、多過ぎる業務量。

気がつくと11月の契約件数は、な、なんと…私一人で契約を10件していました。

全て賃貸ではなく、売買の契約。

月の半分しか横浜にいないのに10件も契約している自分にびっくり。!(◎_◎;)

さらに、さらに契約した内容がまた大変。

川崎市麻生区のボロボロのアパート、福岡県福岡市の今にも倒れてしまいそうな廃屋、神奈川県横須賀市の山の上の空家、茨城県龍ケ崎市の市街化調整区域の原野、愛媛県今治市の農地2件、横浜市磯子区の崖上の土地、千葉県富津市西大和田の広大地、大阪市のマンション、沖縄県読谷村の農地。

ほとんど遠方の難あり物件ばかり…。

大概が売主様が他の不動産会社から売れないと言われてしまった物件。

そのため、売買価格も低くく、ボランティアとなっていることも多々ありますが、そこは「売主様のために」と割り切って努力するのみ。

ちなみに先々月から先月にかけてテレビやヤフーニュースで話題となった「東伊豆町の1円の別荘」についてですが、実は今日、無事にご契約が終了しました。


売主様ご夫婦と買主様ご家族が当社にご来店され、ご契約手続き。

当初、売主様は、買主様を前にテレビの取材のとき以上に緊張されていた様子でした。

ただ、ご契約が進むうちに売主様、買主様にて世間話も始まり、後半は終始和やかな雰囲気でした。


ご契約の最後にいよいよ売買代金1円の授受。

売買代金のお支払いは、買主様のお子様が自らのお財布から1円を手に取り、売主様にお支払い。

売主様からは1円と記載された売買代金の領収書を買主様のお子様に手渡し、記念写真も。(^^)


こんなに明るい雰囲気でのご契約は、久しぶりかもしれません。


1円不動産が繋いだ貴重なご縁。

最後、買主様より売主様に「きれいになったら、遊びに来てください」と。

私も当初より売主様のためにボランティアでお手伝いすると決めてから、今日のご契約までにテレビや雑誌の取材を受けたり、売主様と内覧会の準備をしたりととても貴重な体験をさせていただくことが出来ました。


「努力は必ず身を結ぶ」ですね。(^^)


関係者のみなさま、本当に、本当にありがとうございました!!!(^^)

お宝物件見分け方セミナーの講師をして思ったこと

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、お宝物件見分け方セミナーの講師をして思ったことについて。


先日、任意売却の第一人者でテレビにも出演されている任意売却119の代表の富永社長よりお声がけいただき、一緒にセミナー講師をさせていただくことに。

趣旨は、富永社長と私とで日々の業務の中、不動産でお困りの方を多数手助けしているため、セミナーをすることで同じお悩みの方を助けていきましょう、というものでした。

そして、そのセミナーの第一弾が今日でした。


それが、お宝物件の見分け方セミナー。

一時間前に会場に到着した私。

久しぶりのセミナー講師ということもあり、かなり緊張しました。

開催時間が近づくにつれ、増す緊張感…。

それでも、ご来場いただいたお客様に1つでも多くのことを持ち帰っていただけるように一生懸命お話しさせていただきました。


講師側から会場全体を見渡すとどれだけみなさんが真剣に耳を傾けていただけていただけるか、よくわかります。

本当に。

そして、痛いほどの視線を感じます。(^^)


セミナーの内容は、私が今までの経験からお宝物件の原石になり得る可能性を持った不動産や注意した方がいいことについて。


最後は質疑応答の時間も。

ご来場いただいた方からのご質問は、不動産売買についてのかなり突っ込んだことなど具体的なものでした。

あっという間に私の持ち時間が終了。

講師をするとセミナーを受講する側以上に時間が経つのが早い。


後半は、富永社長が任意売却&リースバックについて公演。

詳細の説明は省略しますが、とても勉強になりました~。(^^)


そして、無事にセミナーを終え、懇親会に。

懇親会の会場に着くと懇親会の参加率の高さにびっくり。!(◎_◎;)


そこでたくさんの方々と名刺交換をし、お話しすることができました。(^^)


中には、「私の本を読みました。いろいろと教えてください」という方や「テレビを見て、空家問題に取組む姿に共感しました。勇気を出して、セミナーにさ参加しました」という方も。

嬉しい限り、この上ありません。(^^)


個人的にはまだまだ先生と呼ばれる身分ではないと思っているので「田中さん」と呼ばれる方が落ち着きます。苦笑


懇親会で参加者の方々とお話をして印象に残ったこと、それは不動産会社の参加者が多く、私同様に難あり物件でお困りのお客様の問題を解決するために一生懸命頑張っているという方が多かったことでした。

まだまだ不動産業界、不動産会社も捨てたものではありませんね。

逆に刺激をいただきました、私も負けていられませんからね。(^^)


ご来場のみなさま、本当にありがとうございました!!!


明日は、都内のマンションの現地調査。

午後はいよいよ東伊豆町の1円別荘のご契約です。(^^)

知っておきたい相続法の改正内容と懇親会でいただいた新たなご縁

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、相続法の改正について。

 みなさんは、来年2019年7月1日(地域や内容により一部施行日が異なります)より相続法が改正になるってご存知ですか?

 今回、そのあたりについて神奈川県宅建協会 女性部会連絡会主催の勉強会があったため、参加してきました。

30分前に会場に到着すると…200名を超参加者が。

 聞くところによると募集人数以上に参加希望者の応募があったくらい関心の話題なのです。

 ちなみに女性部会連絡会が主催だからと言って女性だけではありません。

テーマは、「相続法の改正について」、講師は、扶桑第一法律事務所の弁護士 村松先生でした。


 今回の勉強会のポイントは、こちら。

1.配偶者居住権の導入

  被相続人が居住建物を遺贈した場合や、反対の意思を表示した場合であっても、配偶者の居住を保護することができる。常に最低6か月間は配偶者の居住が保護される。

  ※今までは居住が保護されず、配偶者が住む場所がなくなってしまうということもありました


2.長期間婚姻している夫婦間で行った居住用不動産の贈与等を保護。

  現行法とは異なり、原則として遺産の先渡しを受けたものと取り扱う必要がなくなり、配偶者は、より多くの財産を取得するこができるようになる。


3.相続された預貯金債権の仮払い制度の導入

  相続された預貯金債権について、生活費や葬儀費用の支払い、相続債務の弁済などの資金需要に対応できるよう遺産分割前にも払い戻しが受けられる制度を創設。

  ※現行法においては、遺産分割が終了するまでの間は、相続人単独では預貯金債権の払い戻しができませんでした


4.自筆証書遺言に関する見直し

  自筆証書にパソコン等で作成した目録を添付したり、銀行通帳のコピーや不動産の登記事項証明書等を目録として添付し、遺言を作成することができるようになります。

  ※財産目録には署名押印をしなければならないので、偽造防止対策にも


などなど…、約2時間みっちり勉強させていただきました。

やはり大切ですね、知識をつけるということは。


 勉強会の後は、女性部会主催の懇親会。

いつもの宅建協会の懇親会とは全く雰囲気が異なり、女性比率が高い?

 それにしても今回の懇親会はいつも以上に活気がありました、間違いない。

 懇親会では他支部の不動産会社の方とも名刺と情報交換をさせていただきました。

大切な新しいご縁ですね。!(^^)!


 明日は、逆に私がセミナーの講師をする番です。

ちょっと緊張しますが、参加いただくみなさんのためにも1つでも多くの知識を持ち帰っていただけるように頑張りたいと思います!(^^)