困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

時間がないな、と思っていたらその当たり前な原因

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は10月最終日でしたね。

私は、午前中より新横浜で底地・借地権の同時売却のお引渡しでした。

無事に手続きも完了し、ひと安心できました。


それにしても今月はいつも時間がないな~、と思っていました。

毎日契約書をつくっているようにも思えました。

そして、先ほど仕事の合間にちょっと調べてみたところ…、私だけで今月のご契約は13件でした。

売買代金5万円の那須の土地から、世田谷の5,000万円超のマンションまで。

と言っても、やはりほとんどの物件が郊外の難あり物件で売買代金が100万円以下…。

世の中は甘くないですね。苦笑

でも、1つ言えることはとても充実した1ヶ月でした!

やっぱり仕事は楽しくないと、ですね。(^^)


物件調査も南は沖縄県や石川県、福島県、近場では静岡県なども。

そのため、新規ご売却相談も各方面から。

例えば、房総半島の南側、高知県の先端、兵庫県の山、山梨県の農地、千葉県の市街化調整区域の土地など、本当に多岐にわたります。

なお、ほとんどが他社さんより断られてしまい、途方に暮れているお客様…。

そう考えるとまだまだやらなければいけないことがたくさんあります、たくさん。


11月初日の明日は、朝から静岡県牧之原市再建築不可物件のお引渡し。

すでに11月もいろいろありそうな予感。汗