困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

空地の除草対策と実家で考える相続

みなさん、おはようございます。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、空地の除草対策について。

昨日は、当社が買取り(購入)した神奈川県高座郡寒川町の土地の下見に。

その土地は長年空地だったため、ご近所に迷惑をかけてしまうくらい雑草が生い茂っていました。

そこで当社のほうで除草対策をしました。

それがこちら。

防草シート!

これがいいんです。

雑草が生えてこないし、土埃が飛ぶのも防いでくれる。

かなり、使えます。

なんだかすぐに売れてしまいそうです。


その後は、同じ寒川町の土地の買取り査定のため、その現地へ。

理由は、現状は空家なのですが、以前古家で孤独死があったそうですが、実際のところは孤独死か自死かわからない、とのことのため、近隣の方にそのことと自治会費についてヒアリングをするためでした。

ただ、両隣のお宅ともご不在だったため、また日を改め、お伺いします。


寒川町での仕事を終え、夜に辻堂駅の近くの体育館でバスケがあったため、それまですぐ近くの茅ヶ崎市にある私の実家で時間合わせ。

実家には70すぎの父親が1人で住んでいます。

実家は自営業で以前は、母親も父親の仕事を手伝っていました。

その母が他界し、6年。

母の机はもうありませんが、母の机があったところの壁にはこの紙が貼られていました。

「日常の五心」

一、ハイと云う、素直な心

一、すみませんと云う、反省の心

一、私がしますと云う、奉仕の心

一、おかげさまといと云う、謙虚な心

一、ありがとうと云う、感謝の心


生前の母は毎日机に向かい、この日常の五心をみながら、父の仕事を手伝い私たち子供を育ててくれていたんだ、と思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

もう母と会うことはできませんが、母の「日常の五心」を胸に家庭も仕事も頑張っていきたいと思います。

母が考えていたことをその想いを継ぐことが「相続」(想続)なのでしょうね。


実家に行くと1人の父が私に楽しそうにいろんな話、マシンガントークをするのを聞いていると楽しいし、勉強になります。

そんな父親の寂しさを紛らわすためにも、何かにつけて言い訳をし、父親の顔を見に行くようにしています。

家族って大切ですね。