困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

マンション管理組合の収支改善方法と管理会社の闇

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、管理組合の意識で大きく改善するマンションの資産価値について。

今日の夕方ご来店いただいたお客様とのお話。

そのお客様は、横浜市港北区、神奈川区、都筑区、緑区にて車両置場をお探しになっています。

そして、そのお客様とのお話の中でちょっと面白いお話がありました。


それは、お客様がマンションをご購入されて数年後のこと、ひょんなことからマンションの管理組合の役員になってしまったそうです。

マンションは、新横浜駅でも人気のマンション。

そして、その方が管理組合の役員になったときのお話がとても印象的でした。

それは、マンションの管理会社より大規模修繕工事や事あるごとにリフォームの要請を受けていたそうです。

ある日、管理会社よりいただいていた各種工事の見積もりが妥当かどうか、お客様ご自身でお探しになられたそうです。

その際に、お客様が各種見積もりをとったときの見積もり金額がなんと、マンション管理会社が提示してきた見積もり金額の半分くらいだったそうです。

何がいいたいかと言うと、最近マンションの大規模修繕工事のコンサルティングが報酬をぼったくっているというニュースがでていたように管理会社からの各種見積もりを鵜呑みにしてしまうとあまりいいことがなさそう…。

もちろん、全ての管理会社がそうではありませんが、マンションの修繕工事の際にはすぐに工事会社を決めるのではなく、検証する必要があるということですね。


お客様が管理組合の役員に任命されてからは、管理組合自体の収支も驚くほど改善されたそうです。

この管理組合の収支の改善が将来、2倍、いやそれ以上の効果をもたらすこと間違いなしです。


きっとお客様が管理組合の役員になったことは、お客様にとっては時間の拘束がでてきてしまいますが、管理組合にとっては数値で表せないほどのプラスになったことは言うまでもありません。


マンションの管理組合は、管理会社が全てを決めているマンションがいいマンションではなく、管理組合がいろいろと協議をしながら、物事を決めている、そういったマンションがいいマンションと言えます