困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

実は意外とお金がかかる下水道のポンプアップ費用

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、下水道のポンプアップについて。

 下水道のポンプアップという言葉を知らない方も多いかと思います。

下水道整備区域においては、宅地の下水道は一般的に前面道路の下水道本管に接続し、放流します。

 この下水道は自然勾配で放流するため、宅地の高さよりも低いところに前面道路の下水道本管がないと逆流してきてしまいます。

 他にも道路より低い土地の場合も前面道路に下水道を接続しようとすると自然勾配では傾斜がとれず、放流できないことも…。


 この場合は、宅地内に人工ポンプを設置し、下水をポンプで押し上げて、前面道路の下水道本管に放流する場合があります。

 

 当社にて購入を検討している横浜市港北区の土地。

やはり宅地が道路より低く、現状のままでは自然勾配がとれず、前面道路に下水が流せません…。

そのため、ポンプアップの見積もりを取得しました…。

 物件の特性からも単純にポンプをつけるのだけでは済まず、他の配管全て交換という事態に。

結果、そのポンプアップに要する金額は…243万円でした。Σ(゚Д゚)


 実は意外と高いんですポンプアップって。

もちろん、物件ごとに費用は変わります。

 243万円かけるのなら、近隣の方にいくらかお支払いをし、ポンプアップしない、という方法もあるかもしれませんね。