困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

団地建替時に所有者が負担する金額と黒島初上陸!

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、団地建替え時に所有者が負担する金額について。

今日、明日の物件調査のため、早朝の飛行機で沖縄県の石垣島に向けて出発。

その飛行機の中で読んだ日本経済新聞。

「郊外の老朽団地建て替え進まず」という記事がありました。

その内容は、昔建築された団地は、エレベーターがないところが多く、居住者も高齢化。

団地建替えには大きな壁がある、というものでした。

その壁というのが、建替時に所有者が負担することになる建替え費用。

国土交通省の調査では、団地建替え時に所有者が負担する金額は、平均で1,100万円強。!(◎_◎;)

年金暮らしのご高齢者のお客様には、到底お支払いできる金額ではありません。


ごく一部の駅近の団地については、建替え時に建物を現状より大きいものを建築し、その大きくした部分を売却すれば、建替資金に充当できるということもありますが、現実的にはなかなかそういったケースはないようです。


今後は、さらにエレベーターがない団地の、特に4~5階部分の売物件が増加することは間違いありません。

そういった団地を所有し続けたり、相続してしまうと…なかなか手放せなくなってしまうことは間違いありません。


いつ売るか、これが問題ですね。


それはそれとして、石垣島に到着したのは、9時過ぎ。

これを見ると石垣島に来たぞ~、って感じます。

石垣島は、10ヶ月ぶりくらい。


日差しは強く、気温33度。

ただし、ジメジメ…。苦笑


すぐにレンタカーを借りて物件調査開始。

石垣島にもあるんです、再建築不可物件が…。

建築班の方と打ち合わせをし、対処法を協議。

そして、後は明日調査を継続します。


近くにスーパーがあったため、ちょっと寄り道。

このスーパーのコストパフォーマンスに衝撃を受けました。

きはだマグロが114円!?

や、安すぎる。!(◎_◎;)


買い物のあとは余った時間で観光を。

石垣港からフェリーに乗って八重山諸島の黒島に。

黒島では自転車を借りてサイクリング。


とにかく一本道をひたすら自転車をこぎます。

すれ違う人も、車もいません。

潮風に吹かれながらのサイクリング、結構いいものですね~。

黒島の海、こんなにきれいでした!

さすが沖縄、さすが黒島!


きれいな海を見たあとは、ランチタイム。

ただ、黒島の食事処は気分次第で営業をしているところが多い…。

最終的に今日のランチは、アオサそば。

アオサの風味がいい感じにソーキそばとコラボレーション。


ランチの後は、またサイクリング。

道路の脇にはたくさんの牛がいました。

黒島は島民が200人前後で、牛は数千頭だそうです…。

そして、黒島港に戻り、フェリーに乗り、石垣島に帰港。


石垣島に戻った後は、ホテルにチェックインし、夕食の場所を考える。

今日の夕食は、3年前くらいに立ち寄ったお店 居酒屋源 新栄町店。


定番のオリオンビールを飲んで食事を楽しむ。

まずは、石垣牛の寿司。

口の中でとろける石垣牛。

さいこ~です。


もちろん、グルクンの唐揚げもはずせませんよね。

頭から丸かじり。


泡盛も堪能。

他にもミーバイの煮付けや島らっきょの天ぷらなど。


もうお腹いっぱいです。


帰りがけには、近くにあるユーグレナモールを散歩。

夜のユーグレナモールは、少し物寂しい感じでした。

これで今日も終了。


明日は、物件調査と打ち合わせ、売却予定物件の場所でドローンを飛ばします。

明日も面白い一日になりそうです!