困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

かなり手強い再建築不可物件と古家解体後の近隣挨拶

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、静岡県伊豆の国市の再建築不可物件について。

先日お客様よりご相談いただいたことは、「静岡県伊豆の国市に相続で取得した再建築不可物件がある。借りてくれている方はいるものの、建物も老朽化しているため、将来、手放せるか不安で仕方がない。地元の不動産会社からも売却は難しいと言われてしまった。何とかならないでしょうか?」と。

そして、今日何とか時間を調整し、その再建築不可物件の現地に。

他のスケジュールの関係で横浜の自宅を出発したのは朝6時。

現地には朝8時過ぎに到着。

まずは現地を確認。


物件は、この細い路地を入ったところにある。

周囲に家が立ち並び、一見するとただ道路が狭いだけ。

物件は確かに老朽化が見られました。


その足で伊豆の国市役所と沼津土木事務所に行き、担当窓口と協議。

「何とか建替えさせて欲しい」と。

いろいろな見解から協議を重ねました。

…が、結果は「建替えは出来ません」と残念な回答…。

これでは、周辺の数軒も再建築不可。!(◎_◎;)

ひ、酷すぎる…。

お客様には、調査結果をフィードバックし、場合によっては当社で引き取らせていただきます、とも。

ただ、結構大変そうな物件であることは間違いない。


伊豆の国市の再建築不可物件の調査の後は、静岡県駿東郡清水町の土地の現地に。


こちらの土地は、当社がお客様から直接購入させていただいた難あり物件。

まずは古家を解体。

今日は、解体後の現地調査と解体で騒音などでご迷惑をおかけしてしまった近隣の方に菓子折りを持ってご挨拶。

販売開始までもう少しです。

売却活動をするのが、今から楽しみです!(^^)


夕方は横浜に戻り、宅建協会 横浜東部支部の役員会。

ちなみに今日の私は、議長。

役員会も滞りなく終了。(^^)

役員会の後は、支部での忘年会。

ほどほどに飲み食いし、一次会だけの参加。

事務所に戻り、仕事、仕事、仕事。

結局、今日の仕事が終わったのは23時過ぎ…。汗


なぜ、毎日こんなにも時間がないのか。

私だけ時間が進むの早い!?と、勘違いしてしまいそうな今日、この頃です。苦笑