困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

あっという間の引渡しとちょっと変わった契約書

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、マンション仕入れの引渡しについて。

今日の午前中はマンションの仕入れの引渡しでした。

売主様をご紹介いただけたのは、私の東急リバブル時代の上司の方。

お互いにお引渡しの際の段取りを熟知しているため、10時からのお引渡しなのに9時50分に全ての準備が完了!

やはり大切なことは「段取り力」ですね。

売主様をお待たせすることもなく、ひと安心。(^^)


午後からは、引渡し物件の鍵の撤収。

会社に戻ってからは、契約書を作成。

作成した契約書は、山梨県北杜市の別荘と静岡県富士宮市の市街化調整区域の農地と農業用倉庫。

横浜の不動産会社なのに神奈川県の案件が意外と少ない…。苦笑

今日の新規の売却相談は、福岡県福岡市の建物の建築が出来ない農地…。


でも、お客様からご相談をいただいているということは、必要とされていること。

今年もあと僅か…なのに契約4件、引渡し4件、出張3件。

果たして年内に仕事を終えられるのだろうか…。汗