困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

「売れない」と言われた物件を売却した方法

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、他社で「売れない」と言われた物件を売却した方法について。

昨年、お客様よりご相談いただいた案件、「相続で取得した高知県室戸市に廃墟となっている不動産が2つあります。その不動産は、相続に相続が続き、共有者は10名以上、ただ、全員がその不動産をいらないと言っています。地元の不動産会社に売りたいと相談しても売れない、と言われ、弁護士の先生に売却の相談をして2年が経過しましたが、なんの音沙汰もありません…。子どもに相続させたくないので存命中に何とか手放したい。御社しか頼るところがない、何とかお願いします」というものでした。

私は、当初、躊躇しましたが、もし、私が断ってしまったら、誰もお客様の問題を解決できる人がいないということがわかっていましたので、快諾させていただきました。

やるからには問題を解決します、お客様の!

物件は2つあり、1つは廃屋がある土地、もう1つは車も入らない路地の奥の土地でした。

しかも両物件ともに建築基準法に定める接道義務を満たしておらず、原則として建物の新築はできない物件…。

いざ、物件調査をし、売却活動を開始しても、他の不動産の方からのお問い合わせは1件もありませんでした。

販売価格は、当初、売主様の希望金額より開始しましたが、お問い合わせも少なく、徐々に販売価格を下げていきました。

それでも他の不動産会社の方からのお問い合わせは全くないまま…。

最終的には岡山県にお住いのお客様よりインターネット経由にてお問い合わせをいただき、現地をご確認後、ご契約いただくことができました。(ご購入いただくことができました)

ただ、現地の廃屋を売主様の費用負担で更地にしてからのお引渡しという条件でした。

この時に廃屋のある土地を更地にして引渡しするかわりに、車が入らない路地の奥の土地もセットで購入していただくということで話がまとまりました。

売主様は、受取る売却代金より廃屋の解体費用の方が高いというものでしたが、それでも手放したい、ということでした。

ご契約後に廃屋の解体をし、本日、現地で買主様と現地の確認と売買代金の授受。

こちらがもともと廃墟があった土地、更地にしたため、かなりすっきりしました。


こちらが車が入らない路地奥の土地、若干雑草が伸びてしまっていました。


物件のお引渡し業務が終わると買主様より「この不動産を大切に使わせていただきます」という言葉とともにこちらをいただきました。

さすが岡山県在住の買主様、きびだんごをいただいちゃいました。


そして、仕事を終えた私は余った時間で少しだけドライブ。

こちらが重要伝統的建造物群 吉良川の街並み。

ちなみに土佐漆喰仕上げ。


続いては、室戸岬にある展望台からの眺望。

山頂の木々のアーチを抜けるとそこには素晴らしい絶景が。

見えるのは地平線に違いありません!


こちらは、室戸岬の展望台からの下山途中に撮影した1枚。

やはり素晴らしい、コントラストが最高です!


仕事も、ドライブも楽しむことができました。

高知県での時間は充実したものとなりました。


また不動産のことで高知県に来るかもしれませんが、そのときも思いっきり楽しむようにします、仕事&グルメ&絶景を!