困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産会社でもちょっとドキドキすること

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、日々の営業で不動産会社もちょっとドキドキすることについて。

当社が購入した神奈川県内のとある物件、よく見ると…お隣さんのフェンスが壊れており、当社所有地に越境している!(◎_◎;)

見た目だけでは大したことはないのですが、お隣さんから何かしら越境している状態だと場合によっては、買主様の融資の審査に影響してしまうことも。

言い換えるとお隣さんから越境で売れるものも売れなくなってしまうことがあります。

これから売却する大切な商品が!?

怖いですね、越境は。


そのため、越境問題わ解決すべく、お隣さん宅を訪問。

訪問する家の外観や庭先を見て、その状態によっては、不動産会社でもちょっとドキドキします、変な意味ではなく、一体どんな方がでてくるのか、という意味で。

今日は、あいにく不在でした。

ですが、売主様より引渡しを受けた書類の中にお隣さんが署名された土地の境界確認書が入っており、そこには連絡先も記載されていました。

そこで、お隣さんの土地と建物の所有者の方に事情を説明。

お隣さんは、状況を理解していただき、越境部分の撤去等の承諾をしていただけました。

これでひと安心。

お隣さんの所有者の方は、とっても感じがよい方で良かった~。


これでしっかりと売却することが出来そうです。